龍神自動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
龍神自動車株式会社
RyuJin Jidousha CO.,Ltd.
Ryujinbus 62.jpg
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
646-0021
和歌山県田辺市あけぼの37-20
設立 1927年(昭和2年)9月27日
業種 陸運業
法人番号 9170001008975 ウィキデータを編集
事業内容 乗合バス事業
貸切バス事業
特定バス事業他
代表者 代表取締役社長 小川豊介
資本金 1,000万円
従業員数 70名
主要子会社 龍神観光株式会社
外部リンク http://www.ryujinbus.com/
テンプレートを表示

龍神自動車(りゅうじんじどうしゃ)は、1927年(昭和2年)9月27日設立された和歌山県南部を中心に路線バス事業、観光バス事業を行うバス事業者である。

営業所[編集]

  • 龍神本社:和歌山県田辺市あけぼの37-20(和歌山ナンバー)
  • 大阪営業所:大阪府泉南市岡田1704番地(和泉ナンバー)


運行路線[編集]

多くの路線が、国土交通省和歌山県田辺市みなべ町上富田町から補助金を受けて維持されている。

2021年4月1日時刻改正に伴い、一部運行形態が変更された。

現行路線

  • 龍神線
紀伊田辺 - 上秋津 - 奇絶峡 - 前平 - 柳瀬 - 西 - 龍神温泉 - 季楽里龍神
柳瀬停留所において、田辺市住民バス 龍神日高川線に乗換が可能である。
  • 大熊線
季楽里龍神 - 大熊 (月・水・金のみ運行)
  • みなべ線
紀伊田辺 - 芳養駅 - 明洋前 - 松原 - 南部駅
南部駅から先、西まで運行されていたが、2017年3月末をもって廃止となった。
  • 長野西原)線(田辺市受託路線)
紀伊田辺 - 市民総合センター - 万呂 - 紀南病院 - 下三栖 - 長野 - 西原 - 伏菟野
  • 上芳養線(田辺市受託路線)
紀伊田辺 - 市民総合センター - いなり - 松原 - 中芳養 - 東郷 - 古屋谷 - 上小恒
2017年9月までは、本社・あけぼのを起終点とし、紀伊田辺 - 松原間でみなべ線と同じ経路を経由していた。
  • 市内線
本社・あけぼの - 紀南病院 - 新万団地 - ショッピングセンター - 紀伊田辺
紀伊田辺 - 南新万 - 紀南病院
2021年4月1日より熊野本宮線・みなべ線・龍神線を紀伊田辺で系統分断するかたちで運行開始。市内線に限り運賃が一律100円で利用できる。
(但し一律100円は暫定以降措置期間として一年間《2022年3月31日まで》の予定)
  • 高野中辺路線 (聖地巡礼バス)
(往路) 紀伊田辺 - 滝尻 - なかへち美術館前 - 栗栖川 - 西 - 龍神温泉 - 季楽里龍神 - 護摩壇山 - 高野山
(復路) 高野山 - 護摩壇山 - 季楽里龍神 - 龍神温泉 - 西 - 栗栖川 - なかへち美術館前 - 湯の峰温泉 - 川湯温泉 - 熊野本宮大社
4月1日から11月30日までの間毎日運行される路線である。なお、護摩壇山 - 高野山間は南海りんかんバス によって運行されるため、護摩壇山で乗り換えとなる。
  • 熊野本宮線
紀伊田辺 - 滝尻 - 栗栖川 - 近露王子 - 湯の峰温泉 - 渡瀬温泉 - 川湯温泉 - 請川 - 熊野本宮大社 - 道の駅奥熊野 - 発心門王子
当路線は、国鉄により1947年に運行が開始された。しかし、利用客の減少に伴い、2002年3月31日の運行を持って国鉄から運行を引き継いだ西日本JRバスが栗栖川 - 熊野本宮間の運行を廃止することとなった。このため、龍神自動車が運行を引き継ぐこととなった。
なお、この熊野本宮線に限り系統番号が付いているが、行き先と折り返しの始発によって系統番号が異なる、
《本宮方面行き》
【81系統】 発心門王子行き
【85系統】 道の駅奥熊野行き
《紀伊田辺方面行き》
【80系統】 発心門王子発の便
【84系統】 道の駅奥熊野発の便
南部梅林線 (季節運行)

ルート① 南部駅⇔東吉田⇔南部梅林



ルート② 南部駅⇔みなべ町役場前⇔南部梅林

南部梅林線は、南部梅林開園時の2月~3月始めごろまで(開花状況や梅林閉園に合わせて)の期間限定路線である。


廃止路線

  • 熊野古道線(2014年9月30日で廃止)
栗栖川 - 高尾隧道
  • 丹生の川線
西 - ヤマセミ温泉 - 東平

丹生の川線は龍神自動車独自の路線としては廃止されたが、現在は田辺市受託路線(田辺市住民バス)として運行されている。

龍南線

本社あけぼの - 紀南病院 - 紀伊田辺 - 芳養駅 - 南部駅 - 西本庄 - 清川 - 福井 - 柳瀬 - 西 - 龍神温泉 - 季楽里龍神


南部川( 西本庄 )

本社あけぼの - 紀伊田辺 - 明洋前 - 芳養駅 - 南部駅 - 西本庄


南部川( 受領 )

本社あけぼの - 紀伊田辺 - 明洋前 - 芳養駅 - 南部駅 - 西本庄 - 辺川 - 受領


上秋津( 西原 )

本社あけぼの - 紀南病院 - 紀伊田辺 - 上秋津 - 中宮 - 西原


上秋津 秋津川( 前平 )


本社あけぼの - 紀南病院 - 紀伊田辺 - 上秋津 - 奇絶峡 - 備長炭公園 - 前平


高野龍神線 ( 急行バス )

本社あけぼの - 紀伊田辺 - (急行) - 西 - (急行) - 龍神温泉 - 季楽里龍神 - 大熊 - 護摩壇山 - 高野山

この路線は、現在の高野中辺路線が運行される以前に運行されていた路線で、当時は現在の龍神線のルートを経由して高野山(護摩壇山で南海りんかんバスに乗りかえ)まで運行していた龍神自動車唯一の急行バスである。行先方向幕にも =【急行】= と標示されていた。主要停留所を除き、途中無停車扱いであった。中辺路経由にルートが変更されたため、龍神線経由としての運行は終了した。

現在の高野中辺路線は【急行】とは標示されてないが、この路線も主要停留所以外は通過(乗車のみ、降車のみ、乗降共通可能の停留所あり)扱いのため、急行バスと同様である。



その他契約輸送[編集]

  • 田辺スポーツプラザ送迎
スイミングスクールに通う小学生を自宅近くまで送迎を行われている。
  • 列車代行契約輸送
きのくに(紀勢)線が災害等で運休が発生した場合に限りJR西日本から要請があればバス代行輸送が行われる。
  • スクールバス
和歌山県立南紀支援学校及び、和歌山県立はまゆう支援学校に通う生徒の送迎が行われている。

車両[編集]

2020年11月1日現在、路線バスとして15台のバス車両を保有する。うち低床バス(ここではノンステップバスワンステップバス、スロープ付きバスを指す)は8台[1]

以前の路線車は中型車両が日産ディーゼル(UD)、小型車両は日野自動車が主力であったが近年は大型と中型の移籍車として、いすゞ車両を数台導入しているほか、日野、三菱ふそう、UDのメーカー車両がある。

上芳養線と長野線は田辺市受託路線のため、田辺市から貸し出しされている車両を使用している。上芳養線専用車両は日産キャラバン、長野線専用車両はトヨタハイエース。


脚注[編集]

  1. ^ 和歌山県内のバスの状況 (PDF, 和歌山県企画部地域振興局総合交通政策課)

外部リンク[編集]