渡辺金一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡辺 金一(わたなべ きんいち、1924年12月14日 - 2011年2月6日)は日本の歴史学者経済学者。主専攻は東ローマ帝国史、古典古代史。一橋大学名誉教授

人物・経歴[編集]

東京市出身。1941年東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)四年次で修了。同年東京商科大学(現・一橋大学予科入学。1944年より海軍経理学校を経て、終戦時まで大日本帝国海軍少尉。復学し、1948年東京商科大学学部卒業。1948年から53年まで一橋大学特別研究生。上原専禄増田四郎両教授に師事[1]

1953年一橋大学経済学部講師、1957年同助教授、1965年同教授。尚樹啓太郎とともに日本における東ローマ帝国研究を第一世代として開拓した。1972年には地理学竹内啓一教授、ロシア文学中村喜和教授らとともに一橋大学地中海研究会を創設。1988年定年退官、同大学名誉教授。同年より2005年まで共立女子大学国際文化学部教授。2011年国分寺市の自宅で死去。日本基督教団国立教会で葬儀・告別式が行われた。門下に、松木栄三(宇都宮大名誉教授)、栗生沢猛夫(北海道大名誉教授)、大月康弘(一橋大教授)[2][3]佐藤弘幸東京外国語大学名誉教授)[4]など。

著作[編集]

著書[編集]

  • 『ビザンツ社会経済史研究』岩波書店 1968
  • 『中世ローマ帝国 : 世界史を見直す』岩波新書 1980
  • 『海上民 (イスラム世界の人びと ; 第4)』(家島彦一と共編)東洋経済新報社 1984
  • 『コンスタンティノープル千年 : 革命劇場』岩波新書 1985

訳書[編集]

  • マックス・ウェーバー著『古代社会経済史 : 古代農業事情』(弓削達と共訳)東洋経済新報社 1959
  • 『ビザンツ帝国の都市と農村 : 4-12世紀』(訳・編)創文社 1968
  • H.G.ベック著『ビザンツ世界の思考構造 : 文学創造の根底にあるもの』(編訳)岩波書店 1978
  • ピグレフスカヤ他著『ビザンツ帝国の都市と農村(創文社歴史学叢書)』創文社 1980
  • ゲオルギオス・ゲミストス・プレトン著『「法の精神」の祖型 : 一ビザンツ文人のペレストロイカ建白書』一橋大学社会科学古典資料センター 1987
  • Cl.カーエン著『比較社会経済史 : イスラム・ビザンツ・西ヨーロッパ (歴史学叢書)』(加藤博と共訳)創文社 1988

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]