深江浜町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 兵庫県 > 神戸市 > 東灘区 > 深江浜町

深江浜町(ふかえはままち)は神戸市東灘区町名平成17年国勢調査(2005年10月1日現在)における世帯数は344、人口760で内男性394人・女性366人[1]郵便番号658-0023。

地理[編集]

北は深江大橋深江南町と、西は阪神高速道路5号湾岸線東神戸大橋によって魚崎浜町と、東は同じく湾岸線および兵庫県道722号東灘芦屋線の南芦屋浜深江浜連絡橋によって芦屋市陽光町と接続する。他の埋立地と違い工業地域だけでなく準工業地域も設定されているため比較的人口が多い。阪神高速5号湾岸線深江浜出入口が置かれる。

歴史[編集]

本庄村域(本庄地区)沖の人工島神戸東部第4工区である。昭和44年(1969年)に埋立地が命名されて成立した。丁目の設定がない単独町名であり、住居表示は未実施である。この埋立地は昭和39年から45年の間に113億円の工費をかけ須磨区の高倉山(現・高倉台)1227万m3の土砂を削り出して空中ベルトコンベアー海岸まで運び、そこから更に土運船で海上を運ばれ121haを埋立てた。

施設[編集]

廃止された施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 神戸市町別世帯数・年齢別人口(国勢調査)”. 神戸市. 2009年7月14日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『新 神戸の町名』 神戸史学会、神戸新聞総合出版センター、1996年ISBN 978-4875212041
  • 『東灘区25年』 原田 健、東灘区役所、1976年(昭和51年)。