御影本町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 兵庫県 > 神戸市 > 東灘区 > 御影本町
地内の街並み
御影本町4丁目で撮影

御影本町(みかげほんまち)とは兵庫県神戸市東灘区町名の一つで、旧御影町域(御影地区)の旧・御影村域のうち阪神本線を北限とする区域を指す。1丁目から8丁目までが存在する。平成17年国勢調査(2005年10月1日現在)における世帯数は1,983、人口4,307で内男性2,119人・女性2,188人[1]。郵便番号:658-0046。

昭和43年(1968年6月1日に御影町御影字浜東(一部)・上東・弓場・上弓場・沢ノ井・浜中・浜西(一部)・上中・上西が合わさって住居表示を実施し、誕生した。東は東御影線を挟んで住吉南町、南は海を挟んで御影浜町、西は旧石屋村域の御影石町、北は阪神を挟んで御影中町

旧・小字の弓場とは弓を射て豊作を占う古来の信仰行事の場である。 同じく沢ノ井とは御影という地名の由来となった、神功皇后三韓征伐の帰途に姿を映した泉である。伝説によれば南北朝時代、この泉の水で酒を醸して後醍醐天皇に献上したところ、大層喜ばれた(嘉納された)。爾来、付近の酒造家は「嘉納」という姓を名乗り始めたという。

6丁目の西方寺(山号:影松山)境内には古来の名勝「御影の松」があり多くの文学作品にも登場した。名松は明治27年頃に枯れ、今は二代目。その南が灘五郷酒造組合である。灘五郷の一つ御影郷の中心地、酒造地帯であるが、阪神大震災によって木造の酒蔵が全壊した。

町名の変遷[編集]

昭和25年4月1日 昭和37年9月30日 昭和41年2月1日 昭和43年6月1日
御影町御影字浜東 御影本町一丁目
御影町御影字上東 御影町御影字上東 御影本町二丁目
御影町御影字柳(南部)
御影町御影字申御田(南部)
御影町御影字浜弓場 御影本町三丁目
御影町御影字上弓場 御影本町四丁目
御影町御影字上中(一部) 御影町御影字沢ノ井
御影町御影字上弓場(一部)
御影町御影字坂地(御影町御影字上中になった以外)
御影町御影字申御田(一部)
御影町御影字十ヶ坪
御影町御影字浜中 御影本町五丁目
    御影本町六丁目
御影町御影字上中 御影町御影字上中
御影町御影字上弓場
御影町御影字坂池
御影町御影字浜西 御影本町七丁目
  御影本町八丁目
御影町御影字上西 御影町御影字上西
御影町御影字一里塚(南部)

施設[編集]

参考文献[編集]

  • 『新 神戸の町名』 神戸史学会、神戸新聞総合出版センター、1996年ISBN 978-4875212041
  • 『東灘区25年』 原田 健、東灘区役所、1976(昭和51)年。