ドリームタウンALi

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドリームタウンALi
DREAM TOWN ALi
オープン当初話題となったドン・キホーテ青森観光通り店
オープン当初話題となった
ドン・キホーテ青森観光通り店
店舗概要
正式名称 ドリームタウンアリー
所在地 030-0843
青森県青森市浜田3丁目1-1
開業日 2007年9月28日
土地所有者 株式会社アスクプランニングセンター[1]
商業施設面積 7,956[1]
中核店舗 下記参照
営業時間 各施設によって異なる
最寄IC 青森自動車道青森IC
外部リンク http://dream-town-ali.com/

ドリームタウンALi(ドリームタウンアリー)は青森県青森市浜田にある複合型ショッピングセンター

地域住民からは「アリー」または「ドリームタウン」と呼ばれている。

概要[編集]

青森自動車道青森中央ICの完成や、イトーヨーカドー青森店の開業などで急成長した浜田地区に、2007年9月28日より順次オープンした。青森市がコンパクトシティ構想のまちづくりを実践していて郊外型ショッピングセンターの開発が懸念されている中での開業だった。

ドン・キホーテラウンドワンフレッシュネスバーガー(現在は閉店し青森西バイパスホームセンターサンデー青森店付近へ移転)といった青森県初進出店舗、Right-onABCマートといった青森市初進出店舗が数多く入居したため話題となり、浜田地区を賑わせている。

ALi内にはスーパーマーケットが出店していないことから、近接するイトーヨーカドーの食料品売り場が開業後から賑わっている。

また、近隣にはイトーヨーカドーのほかイオンタウン青森浜田サンロード青森などが出店しているため、激戦区に立地している。

名前の由来[編集]

施設の愛称である「ALi」には、次のような意味がこめられている。

  1. オモ
  2. 地域の皆様に愛される施設を目指し、お客様への『感謝』の気持ちを込める意で「アリガトウ」
  3. 『存在する』という意味の「在り(アリ)」
  4. ポルトガル語で『そこへ、あそこへ』という意味の「アリ
  5. ファッションやレストラン・アミューズメントなど、魅力的なお店がたくさん『有り』の「アリ

入居テナント[編集]

入居テナントの詳細については公式サイト「ショップ情報」を参照。

A棟[編集]

B棟[編集]

  • 1F
    • ライトオン(ジーンズ&カジュアル)
    • シュー・ラ・ルー(レディス・レディス雑貨・キッズ)
    • ハニーズ(レディスカジュアル)
    • ABCマート(シューズ)
    • オプティック・グー(メガネ)
    • シューフィール レイクレイブ(レディスシューズ)
    • ソフトバンクショップ(携帯電話)
    • クリスティーナ・パフューマリー(香水専門店)
    • AMO'S STYLE(ランジェリー)
    • アナヒータストーンズ(天然石・シルバーアクセサリー)
    • パステル(バラエティ雑貨)
    • イタリアントマト(カフェ)
    • サブウェイ(サンドイッチ) - 青森県1号店
    • セレクトショップラスター(ネイルサロン)
  • 2F
    • クライマックスボディズ(ダイエット&デトックススパ)
    • フェバリットプレイス(美容室)
    • アルーア(リフレクソロジー)
    • 幸せ写真スタジオクローバー(写真スタジオ)

C棟[編集]

D棟[編集]

横断歩道・駐車場問題[編集]

注意書きとALi

イトーヨーカドー青森店とALiとの往来を信号機のある横断歩道を渡らずに、最短距離を横断する客が多く、道路を通行する運転手からイトーヨーカドーに苦情が殺到した。そのため、イトーヨーカドー・ALiは、敷地内に「ドリームタウン(ヨーカドー)へは横断歩道を渡りましょう」という注意書きを掲示している。

市民からは「横断歩道や歩道橋をつくるべきでは」という声が多数寄せられ、バス停付近に横断歩道が設置されたが、近年、信号機が設置された。

また、2011年頃から付近のサンワアリーナ(県営スケート場)において大物アーチストによるコンサートが開催されるようになり、コンサート来場者(地元ナンバー以外が多い)による無断、長時間駐車が問題化している。特に2014年5月下旬に開催されたコンサート。立て看板による注意書きにも関わらず無断、長時間駐車が後を絶たず、夜8時を過ぎた時点でもスペースが全く空かず状態が続き、駐車場内を回る車が絶えなかった。(真の買物客はコンサートが行われていることさえ知らなかったもよう)今後、2014年10月にも同様のコンサート(サンワアリーナHPより)が開催される予定なので各テナントでは対策に頭を悩ませているのが現状である。 同様に近隣のケーズデンキ青森本店、スーパードラッグアサヒ中央店他でも同様の無断、長時間駐車が多発。更にコンサート主催会社の告知や情報提供不足、来場者自身のマナー違反も重なり年々深刻化しているようである。

近隣[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b オープンSC 2007年度データ”. 一般社団法人 日本ショッピングセンター協会. 2014年4月13日閲覧。

外部リンク[編集]