洪栄龍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
洪 栄龍
生誕 1947年 10月7日
出身地 日本の旗 日本東京都
学歴 日本大学芸術学部
ジャンル ロックブルース
職業 演奏家プロデューサー
担当楽器 ギターマンドリン
活動期間 1967年 -
レーベル ミディ
事務所 ドリームタイムミュージック
共同作業者 乱魔堂
公式サイト https://www.facebook.com/EiryuKoh

洪 栄龍(こう えいりゅう、1947年10月7日 - )は日本のギタリスト東京都世田谷区で生まれる。父は台湾人、母は日本人。洪家のルーツは敦煌にまで溯るといわれている。

来歴[編集]

乱魔堂解散まで[編集]

1967年、日本大学芸術学部在学中に竹田和夫らとツインリードのハードロックバンド=ビッキーズを結成。ビッキーズは数年で発展的解消する。

1969年にブラインド・レモン・ジェファーソンを結成、プロデビューする。主にシカゴ・ブルースを演奏した。

1970年、布谷文夫センチメンタル・シティ・ロマンス告井延隆らとともにDEWを結成するも翌年には脱退する。

1971年、乱魔堂を結成。初代メンバーは、松吉久雄(ボーカル)、洪栄龍(ギター)、猿山幸夫(ベース)、矢島敏郎(ドラム)。日本語のロックを標榜したそのバンドの姿勢とプレイは大きく注目され、以降の日本のロックミュージックシーンに大きな指針を示した。日比谷野外音楽堂で開催された『ROCK DAY』や『第3回全日本フォークジャンボリー』などに出演、ギタリスト洪栄龍の名前は一気にオーバーグラウンドに躍り出る。

1972年、アルバム「乱魔堂」発表。その後メンバーチェンジを繰り返し[1]さまざまな音楽性を模索するがこの年の年末に突如解散。[2]

1973年、スラッピー・ジョー、洪栄龍&グローリー・バンドを結成。[3]遠藤賢司加藤登紀子のレコーディングに参加。その他、中山ラビ亀渕友香石川セリ西岡恭蔵小室等山崎ハコ小坂忠など、セッションしたアーティストは枚挙に暇がない。

1975年、セッション活動を続けるかたわら、初のソロアルバム「目覚まし時計」を発表した。

1982年、突如沈潜する。プロデューサー、後進の指導など音楽スタッフとしての活動にそのエネルギーを注いだ。

沈潜からの復活[編集]

1997年、自分自身のアイデンティティーの模索が新しい音楽の創造と結びつき、20余年ぶりに2枚目のソロアルバム「天地洪荒」を発表、ギターの楽器能力を極限まで引き出すことで初めて成し得た、インストゥルメンタルメッセージアルバムは高い評価を受けた。

2000年、中国伝統楽器(北京録音)の導入も含めたアルバム「大河滔滔」を発表。

2005年、埼玉県狭山市で開催された『ハイドパーク・ミュージック・フェスティバル』に参加。

2006年、きたがわてつのサポートギターとして中国西域へツアー中、敦煌・月牙泉の楼閣で念願だった「天地洪荒」のソロ演奏を果たす。

2007年、5月に開催された『春一番 (コンサート)』に「朴保 with 洪栄龍」として出演。

2009年、アルバム「In My Life」を発表。通常盤とインスト盤の2種を発表した。

現在[編集]

ギタリストとしてのセッション活動やアルバムプロデュース、劇団の音楽監督、プレイングインストラクターなどの他、ギター、ウクレレなどの楽器開発など、プレイヤーの枠を超えた活動も行なう。

エピソード[編集]

  • 布谷文夫大瀧詠一らとタブーというバンドを結成したと言われているが、洪自身はタブーには参加していないと公言している。[4]

ディスコグラフィ[編集]

乱魔堂名義[編集]

  • 乱魔堂 1972年 ポリドール
  • 1971 SUMMER 1989年 URC/キティ

洪栄龍名義[編集]

  • 目覚まし時計 1975年 ポリドール
  • 天地洪荒 1997年 ミディ
  • 大河滔滔 2000年 ミディ
  • In My Life 2009年 ミディ

書籍[編集]

  • アコースティックギター弾き語りマスター 1998年 ドレミ楽譜出版社
  • ギターパーフェクトコードブック 1998年 ドレミ楽譜出版社
  • フラット・マンドリン教本 1998年 ドレミ楽譜出版社
  • ウクレレ・コード/早わかり 1998年 ドレミ楽譜出版社
  • ウクレレコード・ダイアグラム 1998年 ドレミ楽譜出版社
  • ハープマスター名曲集 1998年 ドレミ楽譜出版社
  • ブルーズギターのコツ 1998年 シンコーミュージック
  • ロックギター/早わかり 2002年 ドレミ楽譜出版社
  • パーフェクトギターコードフォーム 2004年 ドレミ楽譜出版社
  • ウクレレ・コード/早わかり 2011年 ドレミ楽譜出版社

関連項目[編集]

乱魔堂 大瀧詠一 遠藤賢司 布谷文夫 中山ラビ 告井延隆

脚注[編集]

  1. ^ 強化メンバーとして上村律夫(キー・ボード)、告井延隆(生ギター、サイド・ギター)が在籍。72年の6月からサイド・ギターとして山崎隆史が在籍した。
  2. ^ 乱魔堂は「雪童子(ゆきわらし)」(洪、山崎)と「フライ」(松吉、猿山、矢島)に分散。雪童子はその後自然消滅する。
  3. ^ 「大阪の春一番コンサートに洪栄龍の新しいグループが出演した。これは、雪童子の解散後に編成されたグループで、春一番コンサートでは、中山ラビのバックをつとめた彼、新曲を2曲披露した。メンバーは洪栄龍(ギター、ボーカル)、倉橋(キーボード)、水口(ベース)、鈴木(ドラムス)の4人。これからも洪栄龍グループとして活動していく予定。(ニューミュージックマガジン1973年6月号より)
  4. ^ 『D's Talk session #21 with 洪栄龍』

外部リンク[編集]