津久見島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
津久見島
Usuki tsukumi jima.jpg
臼杵城跡から見た津久見島
所在地 日本の旗 日本大分県臼杵市
所属諸島 豊後諸島
面積 0.2 km²
海岸線長 2.3 km
最高標高 166 m
Project.svgプロジェクト 地形
テンプレートを表示

津久見島(つくみしま)は、大分県臼杵市臼杵湾に浮かぶ無人島である。日豊海岸国定公園に指定されている。名前が「津久見島」であるために間違われることもあるが、津久見市ではなく臼杵市にある。

概要[編集]

臼杵湾のほぼ中央の沖合約7kmに位置し、面積0.2km2、周囲2.3km、標高166mである。人口は二人いたが、近年の台風の影響で民家が被害に遭い、住民は本土に引っ越して無人化した。どこから見ても整った円錐形をしており、その形から別名「おにぎり島」とも呼ばれる。周囲は急峻な斜面に囲まれるが、本土側にはわずかに浜が開けており、海水浴場及びキャンプ場が整備されている。また、磯釣りのポイントでもある。

歴史[編集]

古くは竹島といい、津久見島という名は、臼杵城からこの島と月を望む景観が素晴らしいことから、月見島と呼ばれていたものが変化したという。また、寛永元年(1624年)には臼杵藩の第3代藩主稲葉一通琵琶湖に浮かぶ竹生島都久夫須麻神社(竹生島神社)から祭神の弁財天を勧請し、竹生島と改称したと『臼杵小鑑』に記されている。

自然[編集]

島全体が島全体が亜熱帯性の原生林で覆われ、アコウハマユウハマウツボなどの希少な植物種が見られる。また、ミカドアゲハが生息しており、大分県の天然記念物に指定されている。豊後水道に多く見られるイルカが島周辺に現れることもある。[1]

交通[編集]

本土との間に定期船はなく、島へは瀬渡し船などで渡る。

脚注[編集]

  1. ^ 桂丸イルカの回遊情報 - 豊後水道・津久見湾海域

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


座標: 北緯33度8分29秒 東経131度51分35秒 / 北緯33.14139度 東経131.85972度 / 33.14139; 131.85972