沼津港駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
沼津港駅
ぬまづこう
Numazukō
沼津 (3.0km)
所在地 静岡県沼津市蛇松
所属事業者 日本国有鉄道
所属路線 東海道本線(貨物支線)
キロ程 3.0km(沼津起点)
電報略号 ヌコ
駅構造 地上駅
開業年月日 1899年(明治32年)6月15日[1]
廃止年月日 1974年(昭和49年)11月1日
テンプレートを表示

沼津港駅(ぬまづこうえき)は、かつて静岡県沼津市千本港町にあった貨物駅廃駅)である。東海道本線の貨物支線(通称、沼津港線/蛇松線)の終着駅であった。

駅概要[編集]

蛇松緑道

1888年に東海道本線の建設資材を沼津港から陸揚げし輸送するために開設されたのが始まりである。当時は正式な駅ではなかったが、1899年に正式に駅として開業した。当初、狩野川の右岸(現・港大橋付近)に駅があったが、沼津港(現在の沼津港内港)の完成に伴い、1947年に移転した。但し、移転前の駅も引き続き構内側線として廃止時まで使用されていた。

貨物輸送は、構内側線が引かれていた沼津魚市場からの海産物の発送や、漁船の燃料輸送、木材輸送などがあった。しかしトラックが普及し、貨物輸送の多くがそれに切り替わったことにより輸送量が減少。1974年に廃駅となった。

国道1号と交差していたため、事故が多く廃止直前まで接触事故があった。事故防止の対策で踏切前で列車を止めていたともいう。

なお、廃線後この貨物支線跡の一部は沼津市によって蛇松緑道という遊歩道として整備されている。

蛇松緑道の分岐して川へ向かう終点には実物の二分の一サイズの蒸気機関車とレールが展示されていたが、いつしか撤去され現存しない。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
東海道本線 貨物支線
沼津駅 - 沼津港駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「逓信省告示第175号」『官報』1899年6月15日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ 「運輸省告示第25号」『官報』1947年2月14日(国立国会図書館デジタルコレクション)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]