河内成幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

河内 成幸(かわち せいこう(本名は同字でしげゆき)、1948年9月20日[1] - )は、日本版画家日本美術家連盟版画部委員。名古屋造形大学客員教授。妻の河内美榮子も版画家。

略歴[編集]

山梨県上野原町(現在の同県上野原市)に生まれる。

多摩美術大学在学中の1970年に、第38回日本版画協会展で新人賞を受賞した。1973年同大学油画科卒業。

卒業後も、1976年の第44回日本版画協会展で最優秀賞、1979年の第10回版画グラン・プリ展でグラン・プリ、1982年の第6回ノルウェー国際版画ビエンナーレ展で最優秀賞を受賞するなど活躍し、1985年から文化庁の芸術家在外研修員としてニューヨークに派遣された。コロンビア大学大学院で学んだ後、ヨーロッパを遊学して1986年に帰国した。

2001年から、台湾芸術大学特別講師、台北芸術大学客員教授、中国美術学院特別講師等を歴任。2007年から名古屋造形大学の客員教授を務めている。

2011年6月、紫綬褒章を受章[2]

出典[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.477
  2. ^ 春の褒章、705人24団体が受章:社会:YOMIURI ONLINE(読売新聞)