河内成幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

河内 成幸(かわち せいこう(本名は同字でしげゆき)、1948年9月20日[1] - )は、日本版画家日本美術家連盟版画部委員。名古屋造形大学客員教授。妻の河内美榮子も版画家。

略歴[編集]

1948年 山梨県上野原市(旧上野原町)に生まれる。

1969年 多摩美術大学油絵科入学 

1969年 第37回日本版画協会展初出品で入選

1970年 第38回日本版画協会展<新人賞>受賞

1973年 多摩美術大学油絵科油画科卒業

1976年 第44回日本版画協会展<最優秀賞受賞>

1976年 第12回現代日本美術展<兵庫県立近代美術館賞>

1976年 第7回グラン・プリ展<次席賞>受賞

1977年 第8回国際青年美術家展<佳作賞>受賞

1978年 第12回日本国際美術家展<東京国立近代美術賞>受賞

1978年 第2回日本現代版画大賞展<優秀賞>受賞

1979年 第10回版画グラン・プリ展<グラン・プリ>受賞

1979年 第8回グレンヘン国際色彩版画トリエンナーレ招待展<最高賞>受賞(スイス)

1979年 山梨の版画4人展(山梨県立美術館)

1982年 第6回ノルウェー国際版画ビエンナーレ展招待<最高賞>受賞

1982年 第3回リストウェル国際版画ビエンナーレ展招待<優秀賞>受賞(カナダ)

1982年 近代日本の美術1945年以降展(東京国立近代美術館)

1983年 第4回カリフォルニア国際版画展招待<最高賞>受賞

1984年 第1回山梨県新人選抜展招待<山梨県立美術館賞>受賞

1985年 第1回和歌山県版画ビエンナーレ展<優秀賞>受賞(和歌山県立美術館)

1985年 文化庁芸術家在外研修派遣によりニューヨーク・コロンビア大学大学院留学

1986年 ヨーロッパ遊学

1986年 アトランディス・ペーパー研究所でデモンストレーション(ロンドン)

1986年 帰国

1987年 第2回和歌山版画ビエンナーレ展<佳作賞>受賞

1988年 ノーベル財団より版画7点依頼。及び金メダル授与<貢献賞>受賞

1989年 第18回リュブリアナ国際版画ビエンナーレ展<クラーゲンフルト賞>受賞(旧ユーゴスラビア/スロベニア)

1990年 ビエラ国際版画展招待<買上賞>受賞(イタリア)

1990年 第1回高知国際版画トリエンナーレ展<佳作賞>受賞(紙の博物館/高知)

1991年 大阪国際版画トリエンナーレ1991展<特別賞>受賞

1992年 ぶどうの国の国際版画トリエンナーレ展(山梨県立美術館)(1999年まで開催)

1992年 第3回多摩大賞展<大賞>受賞

1993年 第2回高知国際版画トリエンナーレ展<優秀賞>受賞

1994年 クレコフ国際版画トリエンナーレ展(ポーランド)

1996年 第3回さっぽろ国際現代版画ビエンナーレ展<北海道ガス賞>受賞

1997年 国際版画展’97招待<ポーランド美術館買上賞>受賞(ポートランド美術館・オレゴン)

2001年 「成幸・美榮子二人展」(インターチャーチセンター/ニューヨーク)

2002年 第70回記念日本版画協会展常務理事

2002年 多摩市企画「河内成幸展」(パルテノン多摩/多摩)

2003年 北京国際版画展<銅賞>受賞

2003年 台湾国立台北芸術大学客員教授

2003年 グローバル国際芸術貢献賞<金賞>受賞(中国)

2004年 個展(ワークスギャラリー/ニューヨーク)

2004年 個展(チェンマイ大学美術館/タイ)

2004年 国立中国美術学院客員教授

2006年 日・韓現代版画展(Maga美術館/韓国)

2007年 名古屋造形大学客員教授

2008年 ワルシャワ国際版画トリエンナーレ展 特別出品3点

2009年 佐渡はんが甲子園審査員委員長

2009年 新潟県美術展覧会 版画部門審査

2009年 個展(南アルプス市春仙美術館/山梨)

2010年 多摩美術大学客員教授

2010年 個展(ガレの森美術館/徳島)

2011年 国際版画交流展(イタリア・パドヴァ)

2011年 紫綬褒章を受章[2]

2012年 中国雲南国際版画展国際審査員

2012年 4人展(プーシキン美術館/ロシア)

2012年 第1回ノヴォシビルスク国際版画トリエンナーレ展(第6回ノヴォシビルスク国際版画ビエンナーレ展)<国際グランプリ賞>受賞

2012年 「世界に羽ばたく版画の巨匠 河内成幸」(ミウラート・ヴィレッジ/愛媛)


  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.477
  2. ^ 春の褒章、705人24団体が受章:社会:YOMIURI ONLINE(読売新聞)