池田魯参

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池田 魯參(いけだ ろさん、1941年 - )は、日本曹洞宗僧侶長野県長野市豊野町柳原寺住職)、仏教学者。第30代駒澤大学総長。専門は中国天台教学。幼名は悟。

来歴[編集]

埼玉県北足立郡与野町下落合(現さいたま市中央区)生まれ。1944年、父の本籍地である長野県上水内郡の柳原寺に戦時疎開。1957年、県立長野高等学校入学。1960年に駒澤大学仏教学部禅学科入学、魯参に改名。1964年、同大学卒業。1969年、同大学院博士後期課程満期退学、同学部助手に着任。1972年に同大専任講師、1977年に助教授、1983年に教授就任。2001年に仏教学部長・理事・評議員、2009年に文化歴史博物館館長ならびに曹洞宗総合研究センター所長を歴任。

2012年、駒澤大学を定年退職、名誉教授。總持寺伝光会摂心講師。2013年、駒澤大学総長に就任。

受賞[編集]

略歴[編集]

著作[編集]

  • 『国清百録の研究』(大蔵出版、1982年)
  • 摩訶止観研究序説』(大東出版社、1986年)
  • 『只管打坐 - 仏教の論とこころ-坐』(東京美術「東京美術選書」、1988年)
  • 宝慶記 - 道元の入宋求法ノート』(大東出版社「大東名著選」、1989年、新版2004年)
  • 『般若心経 お経シリーズ』(講談社、1990年)
  • 道元学の揺籃』(大蔵出版、1990年)
  • 般若心経のすすめ』(曹洞宗宗務庁、1991年)
  • 『現代語訳 正法眼蔵随聞記』(大蔵出版、1993年)
  • 『暝想のすすめ - 摩訶止観をよむ』(上・下、日本放送出版協会、1994年)。ラジオ放送講座テキスト
  • 『詳解 摩訶止観 〈天・地・人巻〉』(大蔵出版、1995年)。オンデマンド版〈天・地巻〉、2016年
  • 『現代語訳 大乗起信論 - 仏教の普遍性を説く』(大蔵出版、1998年)
  • 『現代語訳 天台四教儀』(山喜房佛書林、2011年)
  • 『「摩訶止観」を読む』(春秋社、2017年)。上記の増訂版

共編著[編集]

  • 正法眼蔵随聞記の研究』(渓水社、1989年)
  • 『子どもと読む般若心経 - 「ちえのおしえ」の十二の話』(大揚社、1994年)。版画・大川泰央
  • 『探訪・信州の古寺 第3巻 禅宗』(郷土出版社、1996年) 普及版。元版は大判『信州の仏教寺院3 禅宗』

監修[編集]

  • 『道元・瑩山 現代法話実践講座』(四季社、2001年)
  • 『対照修証義 - 1分3分5分法話実例集成』(四季社、2009年)
  • 『傍訳 法華三部経全書』(全7巻、四季社、2008-2009年)。塚本啓祥・多田孝正と共監修

論文[編集]

参考文献[編集]

  • 『宝慶記 - 道元の入宋求法ノート』(大東出版社、1989年 → 2004年)

出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

先代:
田中良昭
駒澤大学総長
第30代:2013-
次代: