池上嘉彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池上 嘉彦(いけがみ よしひこ、1934年2月6日 - )は、日本言語学者東京大学教養学部名誉教授昭和女子大学大学院特任教授。専門は記号論意味論詩学

来歴・人物[編集]

京都市伏見区出身。1956年東京大学英語英文学専修課程卒業、同大学院修士課程修了。1963年より助手。以後、東大教養学部に定年まで勤務。アレクサンダー・フォン・フンボルト財団およびフルブライト・プログラムの研究員となり、西ドイツ、米国英国に滞在する。1969年イェール大学言語学博士号を取得。ミュンヘン大学ロンドン大学客員教授1985年東大教養学部教授1995年の定年後は、昭和女子大学大学院教授、のち特任教授。東大名誉教授。2000年に設立された日本認知言語学会初代会長を務める。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『英詩の文法 語学的文体論』(研究社出版、1967年)
  • 『意味論 意味構造の分析と記述』(大修館書店、1975年)
  • 『意味の世界 現代言語学から視る』(日本放送出版協会(NHKブックス)、1978年)
  • 『「する」と「なる」の言語学 言語と文化のタイポロジーへの試論』(大修館書店、1981年)
  • 『ことばの詩学』(岩波書店、1982年(のち同時代ライブラリー)
  • 『詩学と文化記号論 言語学からのパースペクティヴ』(筑摩書房、1983年(のち講談社学術文庫
  • 『記号論への招待』(岩波新書、1984年)
  • 『ふしぎなことばことばのふしぎ』(筑摩書房(ちくまプリマーブックス)、1987年)
  • 『〈英文法〉を考える 〈文法〉と〈コミュニケーション〉の間』(筑摩書房(ちくまライブラリー)、1991年(のちちくま学芸文庫
  • 『「日本語論」への招待』(講談社、2000年)「日本語と日本語論」 (ちくま学芸文庫)2007
  • 『自然と文化の記号論』(放送大学教育振興会、2002年)
  • 『英語の感覚・日本語の感覚:〈ことばの意味〉のしくみ』(日本放送出版協会(NHKブックス)、2006年)

共編著[編集]

翻訳[編集]

外部リンク[編集]