ジョージ・レイコフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョージ・レイコフ
ジョージ・レイコフ教授
人物情報
生誕 1941年5月24日(75歳)
ニュージャージー州バヨンヌ
居住 アメリカ合衆国カリフォルニア州バークレー
国籍 アメリカ合衆国
出身校 インディアナ大学
マサチューセッツ工科大学
配偶者 ロビン・レイコフ (元妻), キャスリーン・フラムキン (現妻)
学問
研究分野 認知言語学
認知科学
研究機関 カリフォルニア大学バークレー校
主な業績 概念メタファー
身体化された認知
公式サイト
georgelakoff.com
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ジョージ・P・レイコフGeorge P. Lakoff, 1941年5月24日 - )はアメリカ言語学者カリフォルニア大学バークレー校教授

認知言語学の創設者の一人であり、特に、従来文章技巧の問題として言語学からは周辺的な現象として扱われてきたメタファーを、日常の言語活動に必須の認知能力(概念メタファー)として捉え直したことで有名である。

レイコフは1980年マーク・ジョンソンとの共著Metaphors We Live Byで、「議論は戦争である」「良いことは上である」「考えは食べ物である」などのメタファーのパターンが日常言語に溢れていることを指摘した。

レイコフはここから発展して、人間の抽象的な概念能力は、経験に基づいた具体的・身体的な認知機構からのメタファー的拡張によって可能になっていると主張し、心身二元論に基づいた西洋哲学の伝統に対する批判を行っている。

また政治問題に対しても積極的に発言している。

著作[編集]

映像[編集]

  • How Democrats and Progressives Can Win: Solutions from George Lakoff DVD format. OCLC 315514475

関連項目[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • Dean, John W. (2006), Conservatives without Conscience, Viking Penguin ISBN 0-670-03774-5.
  • Harris, Randy Allen (1995). The Linguistics Wars. Oxford University Press. ISBN 0-19-509834-X. (Focuses on the disputes Lakoff and others have had with Chomsky.)
  • Haser, Verena (2005). Metaphor, Metonymy, and Experientialist Philosophy: Challenging Cognitive Semantics (Topics in English Linguistics), Mouton de Gruyter. ISBN 978-3-11-018283-5 (A critical look at the ideas behind embodiment and conceptual metaphor.)
  • Kelleher, William J. (2005). Progressive Logic: Framing A Unified Field Theory of Values For Progressives. La CaCañada Flintridge, CA: The Empathic Science Institute. ISBN 0-9773717-1-9.
  • McGlone, M. S. (2001). "Concepts as Metaphors" in Sam Glucksberg, Understanding Figurative Language: From Metaphors to Idioms. Oxford Psychology Series 36. Oxford University Press, 90–107. ISBN 0-19-511109-5.
  • O'Reilly, Bill (2006). Culture Warrior. New York: Broadway Books. ISBN 0-7679-2092-9. (Calls Lakoff the guiding philosopher behind the "secular progressive movement".)
  • Renkema, Jan (2004). Introduction to Discourse Studies. Amsterdam: John Benjamins. ISBN 1-58811-529-1.
  • Rettig, Hillary (2006). The Lifelong Activist: How to Change the World Without Losing Your Way. New York: Lantern Books. ISBN 1-59056-090-6. (Documents strong parallels between Lakoff's nurturant parent model of progressive thought and psychologist Abraham Maslow's model of the self-actualized individual. Also discusses framing in the context of marketing and sales with the aim of bolstering progressive activists' persuasive skills.)
  • Richardt, Susanne (2005). Metaphor in Languages for Special Purposes: The Function of Conceptual Metaphor in Written Expert Language and Expert-Lay Communication in the Domains of Economics, Medicine and Computing. European University Studies: Series XIV, Anglo-Saxon Language and Literature, 413. Frankfurt am Main: Peter Lang. ISBN 0-8204-7381-2.
  • Soros, George (2006). The Age of Fallibility: Consequences of the War on Terror. ISBN 1-58648-359-5. (discusses Lakoff in regard to the application of his theories on the work of Frank Luntz and with respect to his own theory about perception and reality)
  • Winter, Steven L. (2003). A Clearing in the Forest. Chicago: University of Chicago Press. ISBN 0-226-90222-6. (Applies Lakoff's work in cognitive science and metaphor to the field of law and legal reasoning.)
  • http://www.ppls.ed.ac.uk/ppig/documents/brainconcepts_000.pdf

外部リンク[編集]