池ノ上俊一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
池ノ上 俊一 Football pictogram.svg
名前
カタカナ イケノウエ シュンイチ
ラテン文字 IKENOUE Shunichi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1967-02-16) 1967年2月16日(51歳)
出身地 鹿児島県
身長 170cm[1]
体重 70kg[1]
選手情報
ポジション MF
ユース
1983-1985 鹿児島市立鹿児島商業高校
1985-1989 大阪商業大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1989-1990 松下電器 14 (2)
1990-1992 全日空 32 (3)
1992-1993 横浜フリューゲルス 1 (0)
1994-1995 PJM/鳥栖F 25 (2)
代表歴2
1988-1989 日本の旗 日本 0 (0)
監督歴
2005-201x アミーゴス鹿児島U-18
1. 国内リーグ戦に限る。
2. 2011年2月27日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

池ノ上 俊一(いけのうえ しゅんいち、1967年2月16日 - )は、鹿児島県出身の元サッカー選手、サッカー指導者。

来歴[編集]

現役時代はMF(攻撃的MF)としてプレー。1989年に松下電器産業サッカー部に入部。横山兼三監督時代の1988年から1989年には日本代表に選出されて国際BおよびCマッチ13試合に出場したが、Aマッチ出場はない。Jリーグ開幕後は横浜フリューゲルスジャパンフットボールリーグ鳥栖フューチャーズに在籍した。

引退後は小学生から高校生までの育成年代の指導にあたる。鹿児島城西高校を経て、アミーゴス鹿児島U-18監督を務めた。

2016年1月にV・ファーレン長崎のクラブアドバイザーに就任[2]。同年4月より長崎の運営会社である株式会社V・ファーレン長崎の代表取締役社長に就任した[3]。2016年度決算で3年ぶりの赤字となる1億4000万円の赤字見通しを示し、経営不振による引責が一因としたほか、運営費の使途を巡り、Jリーグの外部監査を受けている事が判明した。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1989-90 松下 20 JSL1部 14 2 0 0
1990-91 全日空 29 14 1 4 0
1991-92 18 2 1 0
1992 横浜F - J - 9 2
1993 1 0 0 0 0 0 1 0
1994 PJM 14 旧JFL 14 0 - 1 0 15 0
1995 鳥栖F 7 11 2 - 0 0 11 2
通算 日本 J 1 0 9 2
日本 JSL1部 46 5 5 0
日本 旧JFL 25 2 - 1 0 26 2
総通算 72 7 14 2

その他の公式戦

経歴[編集]

指導歴[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『Jリーグオフィシャルガイド1993・ニコスシリーズ ヤマザキナビスコカップ』p103
  2. ^ “池ノ上俊一氏 クラブアドバイザー就任のお知らせ” (プレスリリース), V・ファーレン長崎, (2016年1月13日), http://www.v-varen.com/news/31429.html 2016年4月22日閲覧。 
  3. ^ “代表取締役社長 池ノ上 俊一 就任のお知らせ” (プレスリリース), V・ファーレン長崎, (2016年4月21日), http://www.v-varen.com/news/35769.htm 2016年4月22日閲覧。