永長正士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

永長 正士(ながおさ まさし、1956年9月21日[1] - )は、日本の財務官僚人事院事務総長大阪府出身。東京大学法学部第1類(私法コース)卒業[2]

来歴・人物[編集]

大阪府出身。大阪府立大手前高等学校東京大学法学部第1類(私法コース)を経て[2]、1979年に大蔵省入省[3]。入省同期には加藤勝信衆議院議員厚生労働大臣内閣官房長官)、木下康司(第10代財務事務次官)、香川俊介(第11代財務事務次官)、田中一穂(第12代財務事務次官)、古澤満宏財務官)ら[4]

大蔵省(現・財務省)に入省した際、国家公務員試験を1位で合格し、大臣官房秘書課に配属される。財務官僚としては初めて人事院事務総長に就任した。

略歴[編集]

  • 1975年3月 - 大阪府立大手前高等学校卒業
  • 1979年3月 - 東京大学法学部第1類(私法コース)卒業[2]
  • 1979年4月 - 大蔵省入省(大臣官房秘書課配属・国家公務員試験1位合格)
  • 1980年 - 大臣官房秘書課調査係長心得
  • 1981年 - 留学(アメリカ合衆国プリンストン大学
  • 1983年 - 主計局法規課企画係長
  • 1985年 - 国税庁長官官房国際業務室課長補佐
  • 1986年 - 国税庁甲府税務署長
  • 1987年 - 大蔵省国際金融局為替資金課課長補佐
  • 1988年 - 和歌山県総務部財政課長
  • 1990年 - 主税局税制第二課課長補佐
  • 1992年 - 主税局税制第一課課長補佐
  • 1994年 - 主税局総務課課長補佐
  • 1995年 - 大蔵大臣秘書官事務取扱
  • 1998年 - 総務庁行政管理局管理官
  • 2000年6月 - 国際局為替資金課長
  • 2001年7月 - 主税局調査課長
  • 2003年7月 - 主税局税制第一課長
  • 2005年7月 - 主税局総務課長
  • 2007年7月 - 大臣官房審議官(国際局担当)
  • 2009年7月 - 人事院事務総局審議官(人材局担当)
  • 2010年7月 - 人事院事務総局審議官(事務総局担当)
  • 2012年7月 - 人事院事務総局総括審議官
  • 2014年4月 - 人事院事務総長
  • 2017年6月 - 退官
  • 2017年10月 - 山田コンサルティンググループ株式会社顧問、税理士法人山田&パートナーズ顧問[5]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2017年版』(読売新聞東京本社、2017年)p.227
  2. ^ a b c 『東大人名録,第1部』1986年発行、51ページ
  3. ^ 霞が関ふるさと記 事務次官を多数輩出[和歌山県] 現代ビジネス、2014年7月14日
  4. ^ その他入省同期には、桑原茂裕日本銀行理事)、渥美恭弘大臣官房政策評価審議官)、細田隆関東財務局長)、坂本正喜関東財務局長)、杉江潤東京国税局長、関東信越国税局長)、井阪喜浩名古屋国税局長)、岡本榮一国税庁次長)、鈴木英明世界銀行理事、九州財務局長)、宗永健作横浜税関長)、道盛大四郎国土交通省政策統括官)、三村亨防衛省防衛審議官)などがいる。
  5. ^ 国家公務員法第106条の25第1項等の規定に基づく国家公務員の再就職状況の報告(平成29年10月1日~同年12月31日分) 平成 30年 3月 27日 内閣官房内閣人事局
先代:
尾西雅博
人事院事務総長
2014年 - 2017年
次代:
古屋浩明