水野正敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

水野 正敏(みずの・まさとし、1954年昭和29年〉5月7日 - )は、日本ベーシスト。エレクトリックフレットレスベースおよびアコースティックベースウッドベース)を演奏。音楽プロデューサーとしても多くのアルバムを世に送り出している。

略歴[編集]

大阪市生まれ。大阪市立都島小学校大阪市立都島中学校[1]大阪府立泉尾高等学校卒業、大阪デザイナー専門学校卒業[2]

人物[編集]

1970年昭和45年)から1972年まで、立体美術家集団「The PLAY」[3]にて活動、「京都ビエンナーレ展」等に参加した[4]

1974年19歳の時にベースを手にして翌1975年20歳でプロ・ベーシストとしてデビュー。大阪にてJazzLive House「loft 6」「Duke」「Royal Horse」のレギュラー・ベースとして活動。1984年上京1987年親善大使としてアフリカ・ツアーにも参加した[4]

村上秀一佐山雅弘PONTA_BOXを結成しメジャーデビュー[4]1994年平成6年)にアルバムPONTA BOXを発表した。

1995年モントルー・ジャズ・フェスティバルに出演[4]。ライヴ・アット・モントルー・ジャズを発表後にPONTA BOXを脱退したが、2014年モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン・イン・かわさきに、Original Ponta Boxとして出演した。

現在までにFragileほか60超のユニットを結成。MIZUNO METHOD、A.P.J.、GG、≒3X3、Preface、Waftなどで活動しており、2019年令和元年)ミュージシャン30名による2枚組MIZUNO METHODも発表した[4]

プロデューサー、講師[編集]

実践と理論を兼ね備えた数少ないプロデューサー・ベーシストとして「常に新しい試みに挑戦する」姿勢で作曲やプロデュースをしている[4]

スタジオワークや制作だけでなく、1988年昭和63年)からテレビドラマ映画の音楽監督も務めており、TBS別れぬ理由』やテレビ東京水曜サスペンス劇場』、日本テレビ系列局『ウェークアップ』(現『ウェークアップ!ぷらす』のテーマ曲なども担当した[1]

1987年まで甲陽音楽学院、キャットミュージックカレッジ専門学校(CAT)、アン・コンテンポラリーミュージックなどで講師を担当。2004年平成16年)水野式ベース道場を開講し、後進の育成に努めている[4]

1994年平成6年)に初登場したベースマガジンのインタビューで水野は、自分のベースを所有せず弟子のベースを借りてレコーディングに臨み、モニターしてくれるメーカーを募集していると語り、その直後にESPとモニター契約を結んでいる。

主な著作[編集]

オリジナル曲は200曲超、発表CD・DVDは70枚。教則本17冊、教則DVD5枚も出している[4]

主な著書[編集]

  • 『カタチで覚えるベース・ソロ シールに沿ってひたすら弾くだけ!』(リットーミュージック、2007年
  • 『水野式 作曲メソッド解体新書』(シンコーミュージック、2007年)
  • 『ベースライン超入門塾 読み方、弾き方、作り方』(シンコーミュージック、2008年
  • 『見て・盗る! ベース・クリニック』(シンコーミュージック・エンタテイメント、2008年)
  • 『水野式 ベーシストのためのスラスラ譜読み塾』(シンコーミュージック、2009年
  • 『水野式 ベーシストのための指板図理論講座』(シンコーミュージック、2010年
  • 『水野式 ベース・ライン入門講座』(シンコーミュージック・エンタテイメント、2011年
  • 『水野式 ベーシスト演奏向上解体新書』(シンコーミュージック・エンタテイメント、2011年)
  • 『水野式 ウォーキング・ベース・ライン辞典 』(シンコーミュージック、2013年
  • 『水野式 ジャズ・セッションのルールブック』(シンコーミュージック、2015年
  • 『水野式 アドリブに役立つ曲のコード・スケール・アナライズ』(シンコーミュージック、2016年
  • 『水野式 ウォーキング・ラインのルールブック』(シンコーミュージック、2017年
  • 『解いて学ぶ! 水野式コード理論ドリル』(シンコーミュージック、2018年
  • 『水野式 ベースの新指板図理論塾』(シンコーミュージック、2019年
  • 『水野式 音楽現場で困らないベース理論実践ガイド』(シンコーミュージック、2020年

教則DVD[編集]

  • 『ウォーキング・ベースの常套句』(教則DVD、リットーミュージック、2005年)

監修[編集]

  • 『解いて学ぶ! マリ Style リズム・ドリル』(桝谷マリ著、シンコーミュージック、2018年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 水野正敏 VEGA Music Entertainment” (日本語). VEGA Music Entertainment. 2020年11月5日閲覧。
  2. ^ 水野 正敏” (日本語). 水野正敏(Facebook). 2020年11月5日閲覧。
  3. ^ 池水慶一を中心に1967年昭和42年)より関西を拠点に活動する美術家集団。メンバーは流動的で2016年平成28年)現在、池水のほか小林愼一、鈴木芳伸、二井清治、三喜徹雄| 展覧会 | NMAO:国立国際美術館
  4. ^ a b c d e f g h 「BOOK」データベース著者紹介情報

関連項目[編集]

外部リンク[編集]