残夢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

残夢(ざんむ、生年不詳 - 天正4年3月29日1576年4月27日))は、日本の僧侶。諡は桃林契悟禅師。日白残夢(にちはくざんむ)とも。号は宝山、大風道人。

人物[編集]

奇行に富む人物として知られる。永禄年間、関東に来て、常陸の福泉寺および会津の実相寺に住した。

連日、食事をしないにもかかわらず飢える様子もなく、檀家からあらたに服を受けるとこれまでの服についていた虫を移し、貧しい人を見ると自らに服を脱いで与えた。磐城郡に無々という僧がいたが、残夢は「なしなしといふはいつはりきてみればあればこそあれもとのすがたで」と詠うと、無々は「なしなしといふもことはりわがすがたあるこそなしのはじめなりけれ」と応え、旧知のようにもみえた。残夢は常に源平の軍談をものがたっていたから、常陸坊海尊であるとうわさされた。

天正4年(1576年)に死去した。享年不明であるが、あるいは139という。