雲巌寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
雲巌寺
雲巌寺山門 2006年10月26日撮影
雲巌寺山門(市指定文化財)
所在地 栃木県大田原市
雲岩寺27
位置 北緯36度51分10秒
東経140度12分34秒
山号 東山
宗派 臨済宗妙心寺派
本尊 釈迦牟尼仏
創建年 1126年-1131年大治年間)
開基 叟元和尚
北条時宗(大檀那)、
仏国国師(開山)
正式名 東山 雲巌寺
文化財 仏国国師像(重文)、
仏応禅師像(重文)等
テンプレートを表示

雲巌寺(うんがんじ)は、栃木県大田原市雲岩寺にある臨済宗妙心寺派寺院である。山号は東山。本尊は釈迦牟尼仏(しゃかむにぶつ)。開山は高峰顕日(仏国国師)、開基(創立者)は叟元和尚(寺伝)。

歴史[編集]

雲巌寺は大治年間(1126年1131年)に叟元和尚によって開基され、1283年弘安6年)に時の執権・北条時宗を大檀那とし、高梨勝願法印の寄進のもと仏国国師によって開山されたといわれる。その後1578年天正6年)に無住妙徳禅師が住職となった折に宗派を臨済宗妙心寺派とした。

1590年(天正18年)の豊臣秀吉による小田原征伐では烏山城那須資晴が恭順せず、城攻めの際には付近の住民が雲巌寺に逃げ込む。北条氏を大檀那とするこの寺を豊臣方は要塞と判断し、火を放ったという。数年後には再建され、またその後1847年弘化4年)に火災に遭うも1849年嘉永2年)に再建されている。1912年大正元年)、築300年を超えた仏堂の改築工事が始まり、1922年(大正11年)に竣工した。

雲巌寺はまた、松尾芭蕉奥の細道紀行で立ち寄った寺院としても知られ、寺域には当時の住職であった仏頂禅師と芭蕉の歌碑がある。歌碑には

竪横の五尺にたらぬ草の庵むすぶもくやし雨なかりせば (仏頂和尚)
木啄も庵はやぶらず夏木立 (芭蕉)

の句が刻まれている。なお、この歌碑は、1803年享和3年)に建てられたものを、1879年明治12年)に再建したものと謂われる。

聖福寺福岡県福岡市博多区)、永平寺福井県吉田郡永平寺町)、興国寺和歌山県日高郡由良町)とともに禅宗の四大道場とされる。

境内[編集]

文化財[編集]

重要文化財
  • 絹本着色仏国国師像
1911年明治44年)8月9日重要文化財(旧国宝)に指定。
  • 絹本著色仏応禅師像
1911年明治44年)8月9日重要文化財(旧国宝)に指定。
  • 木造無学祖元(仏光国師)像
  • 木造高峰顕日(仏国国師)像
市指定文化財

画像[編集]

交通アクセス[編集]

 バス
 車

なお無料で自由拝観できるが、いわゆる観光寺院ではなく、現に修行の行なわれている道場であることに留意。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]