死の家の記録

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
死の家の記録
Записки из Мёртвого дома
1893年版本のニコライ・カラジンによる挿絵
1893年版本のニコライ・カラジンによる挿絵
作者 フョードル・ドストエフスキー
Flag of the Russian Empire (black-yellow-white).svg ロシア帝国
言語 ロシア語
ジャンル 長編小説
発表形態 新聞・雑誌掲載
初出 『ロシア世界』1860年9月
『時代』1861年4月号-12月号、1862年1月号-12月号
訳者 阿部幹三長岡義夫
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

死の家の記録』(しのいえのきろく、ロシア語: Записки из Мёртвого дома)は、1860年から1862年にかけて発表されたロシア人作家フョードル・ドストエフスキー長編小説である。

ペトラシェフスキー会(en)のメンバーとして逮捕されたドストエフスキーは、オムスク監獄で囚人として4年間過ごした。「死の家の記録」は実質上、ドストエフスキー自身の獄中体験記録とも言える。1度検閲により発表が禁止されたことから、アレクサンドルという架空人物を設定しているが、その設定も物語途中に崩れている。

トルストイは『復活』を書くにあたってこの作品を読み直したと書き残しており、ドストエフスキーとは良い関係とは言えなかったツルゲーネフも本作品については賛辞を惜しまなかった。ドストエフスキーが獄中で寝起きを共にし、間近に接したロシア民衆の多様な人間像は、その後のドストエフスキー作品に多大な影響を及ぼし、その登場人物に深みを与えることとなった。『カラマーゾフの兄弟』の主人公のモデルとおぼしき若者も、本作品中に登場する。

あらすじ[編集]

語り手アレクサンドル・ペトローヴィッチ・ゴリャンチコフは妻殺しの罪で10年間の追放と強制労働との判決を受ける。彼は貴族地主出身であったことから、他囚人たち(多くが、地主に搾取される農民出身)から悪意・憎しみを大いに買い、当初は監獄生活に苦しむ。しかし次第に収容所生活や受刑仲間に対する自身の嫌悪感を克服して、それまでの信念を再構築してゆく。

日本語訳(文庫)[編集]

オペラ[編集]

関連項目[編集]