小沼文彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小沼 文彦(こぬま ふみひこ、1916年3月21日 - 1998年11月30日)は、ロシア文学者。

埼玉県浦和市(現さいたま市)生まれ。慶應義塾大学予科から文学部卒業。予科時代に『罪と罰』を読んで感銘を受け、卒業後、ロシア語ができないままソ連に留学、その後政府留学生としてブルガリアのソフィア大学ロシア文学科を1943年に卒業。敗戦後一時期ソ連に抑留される。十年間外地にあり、帰国を共にした前夫人・菊池節子は、杉原千畝の義妹。帰国後、金沢大学中央大学でロシア文学を教え、『ドストエフスキー全集』をほぼ30年かけて個人で全訳した[1]

著書[編集]

  • ドストエフスキー 日本基督教団出版局, 1977
  • ドストエフスキーの顔 筑摩書房, 1982
  • 随想ドストエフスキー 近代文芸社, 1997

翻訳[編集]

  • ガルシン選集 全4巻 世界文学社 1947-1949
  • 虐げられた人々 ドストエフスキイ 三笠書房 1950、岩波文庫 上下 1953
  • ガルシン傑作集 新潮文庫 1951
  • 白痴 ドストエフスキー 新潮文庫 1951
  • 初恋・片恋 トウルゲーニェフ 角川文庫 1952、のち改版
  • 貴族の巣 トゥルゲーニエフ 岩波文庫 1952
  • 悲恋 トウルゲーニェフ 早川書房 1953
  • 二重人格 ドストイェーフスキー 岩波文庫 1954
  • 隊長ブーリバ ゴーゴリ 筑摩書房 1956
  • 苦悩の中をゆく アレクセイ・ニコライヴィッチ・トルストイ 角川文庫 1957
  • 罪と罰 ドストイェフスキー 三笠書房 1957。抄訳
  • カラマーゾフの兄弟 ドストイェフスキー 三笠書房 1958。抄訳
  • 白夜 ドストエフスキー 角川文庫 1958、のち改版
  • テンペスト プーシキン 三笠書房 1959
  • 地下生活者の手記 ドストエフスキー 世界文学大系 筑摩書房 1960
  • 罪と罰 ドストエフスキー 世界名作全集 筑摩書房 1960
  • ドストエフスキー全集 第1-11巻 筑摩書房 1962-1963
  • 戦争と平和 縮約 トルストイ 旺文社文庫 上下 1965-1967
  • 大尉の娘 他 ビエールキン物語 プーシキン 旺文社文庫 1966
  • 赤い花・信号 他4編 ガルシン 旺文社文庫 1968
  • スペードの女王 プーシキン 旺文社文庫 1969
  • トルストイの言葉 人生の知恵12 彌生書房 1973、新版1997。編訳
  • ドストエフスキー全集 第15・16・17巻 筑摩書房 1972-1975
  • 人は何によって生きているか トルストイ 女子パウロ会 1975、新版1993
  • ドストエフスキー全集 第12巻 筑摩書房 1976
  • 火をそのままにしておくと-消せなくなる トルストイ民話集 女子パウロ会 1977
  • ドストエフスキーの信仰 A.ボイス=ギブソン 広瀬良一共訳 ヨルダン社 1979
  • ことばの日めくり トルストイ 女子パウロ会 1980。編訳
  • ドストエフスキー全集 第13・14巻 筑摩書房 1980
  • ドストエフスキーの「大審問官」 J.S.ワッサーマン 冷牟田幸子共訳 ヨルダン社 1981
  • ドストエフスキー全集 第18・19・20巻 筑摩書房 1982-1991
  • ドストエフスキー箴言と省察 教文館 1985
  • トルストイ コンパクト評伝シリーズ H.ギフォード 広瀬良一共訳 教文館 1993
  • ドストエフスキー未公刊ノート 筑摩書房 1997
  • 作家の日記 ドストエフスキー ちくま学芸文庫 全6巻 1997-1998(「全集」版を改訂)

関連項目[編集]

脚注[編集]