白夜 (ドストエフスキー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
白夜
Белые ночи
1865年出版本のタイトルページ
1865年出版本のタイトルページ
作者 フョードル・ドストエフスキー
ロシア帝国の旗 ロシア帝国
言語 ロシア語
ジャンル 短編小説
発表形態 雑誌掲載
初出 『祖国雑記』1848年12月号
訳者 橋本青雨三宅賢米川正夫
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

白夜』(びゃくや、ロシア語: Белые ночи, 1848年)は、ロシアの文豪フョードル・ドストエフスキーの短編小説。

白夜サンクトペテルブルクを舞台にした、孤独な青年と一人の少女の感傷的な物語。

あらすじ[編集]

サンクトペテルブルクに引っ越して以来友人が一人もできず夢想的で非常に孤独な生活を送る青年が、白夜のある晩に橋のたもとで一人の少女の出会う。不器用な青年は少女に恋心を抱き、逢瀬の度に気持ちは高まる。しかし少女の婚約者が現れその想いはあえなく散ってしまう。

文献[編集]

映画化[編集]

映画化作品には以下がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]