武藤真祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
武藤 真祐
生誕 (1971-05-09) 1971年5月9日(46歳)
日本の旗 日本埼玉県
研究機関 医療法人社団 鉄祐会
高齢先進国モデル構想会議
出身校 東京大学医学部(MD)
東京大学大学院医学系研究科内科学専攻(Ph.D)、早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了(MBA)、INSEAD(Executive MBA)
主な業績 医療
プロジェクト:人物伝

武藤 真祐(むとう しんすけ、1971年5月9日 - )は、日本医師埼玉県生まれ。医療法人社団鉄祐会理事長、一般社団法人高齢先進国モデル構想会議代表理事、Tetsuyu Healthcare Holdings, Pte Ltd(シンガポール) Co-founder & Medical director、株式会社インテグリティ・ヘルスケア代表取締役会長、フォー・ユー・ライフケア株式会社代表取締役副社長、NPO法人ヘルスケアリーダーシップ研究会理事長、一般社団法人日本ライフケア機構代表理事、NPO法人日本医療政策機構理事。医学博士、循環器専門医、米国医師国家試験合格(カリフォルニア州)、米国公認会計士(デラウェア州)。

厚生労働省 情報政策参与[1]東京医科歯科大学臨床医学教育開発学分野 臨床教授に就任。[2]。内閣官房IT総合戦略本部 新戦略推進専門調査会 医療・健康分科会 構成員[3]。厚生労働省 緩和ケア推進検討会 構成員[4]総務省 スマートプラチナ社会推進会議 構成員[5]。 内閣府 経済財政諮問会議「選択する未来」委員会「人の活躍ワーキング・グループ」メンバー[6]

2015年12月には、医療科学の進展を促し、人々の健康に大きな恩恵をもたらす革新的な成果を挙げた人物を表彰するイノベーター・オブ・ザ・イヤーにおいて、第二回の受賞者に選ばれた。[7]

経歴[編集]

東京大学医学部を卒業後、三井記念病院循環器内科医、宮内庁侍従職侍医を歴任後、2005年マッキンゼー・アンド・カンパニーで経営コンサルタントとして勤務。

退職後、2010年、在宅療養支援診療所として、祐ホームクリニックを東京都文京区に設立。2011年、在宅医療を基点とした高齢者の包括的な生活支援のプラットフォームの構築に取り組む一般社団法人「高齢先進国モデル構想会議」を設立。

2011年9月には東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県石巻市にも在宅療養支援診療所を開設。石巻市において、健康・生活面での支援団体「石巻医療圏健康・生活復興協議会」を立ち上げ、現在に至る。祐ホームクリニックと高齢先進国モデル構想会議は、被災地における健康・生活への復興に対する取り組みから、2013年3月 厚生労働省第1回「健康寿命をのばそう! アワード」において、厚生労働大臣優秀賞(団体部門)を、連名で受賞した[8]

略歴[編集]

著書[編集]

  • 『医の力』(2012年)PHP出版 ISBN 456980408X
  • 『在宅医療から石巻の復興に挑んだ731日間』(監修、2013年)日経BP社 ISBN 4822261409
  • 『幸福死のすすめ -なぜ私は在宅医になったのか-』(2013年)海竜社 ISBN 4759313109

脚注[編集]

  1. ^ 祐ホームクリニック新着情報 - 祐ホームクリニック新着情報。
  2. ^ 祐ホームクリニック院長略歴 - 祐ホームクリニック院長略歴。
  3. ^ 内閣官房IT総合戦略本部 新戦略推進専門調査会 医療・健康分科会構成員名簿 - 内閣官房。
  4. ^ 第12回 厚生労働省 緩和ケア推進検討会構成員名簿 - 厚生労働省。
  5. ^ 総務省プラチナ社会推進会議 報告ページ - 総務省。
  6. ^ 経済財政諮問会議 人の活躍ワーキング・グループメンバー一覧 - 内閣府。
  7. ^ イノベーター・オブ・ザ・イヤー受賞者紹介ページ - イノベーター・オブ・ザ・イヤー HP。
  8. ^ 第1回健康寿命をのばそう! アワード表彰式受賞者一覧 - 厚生労働省。なお、「優秀賞」は「厚生労働大臣最優秀賞」に次ぐ表彰である。
  9. ^ 東京オリンピック・パラリンピック活用地域活性化戦略プラン検討会 メンバー - 関東経済産業局。

外部リンク[編集]