武者アレスタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
武者アレスタ
ジャンル 縦スクロールシューティング
対応機種 メガドライブ (MD)
開発元 コンパイル
発売元 東亜プラン
プロデューサー 仁井谷正充
デザイナー コンパイル
プログラマー 外山雄一
弓恭羅
音楽 迫田敏明
美術 中島和之
人数 1人
メディア 4メガビットロムカセット[1]
発売日 日本 199012211990年12月21日
アメリカ合衆国 1990年
対象年齢 日本 CEROA(全年齢対象)
アメリカ合衆国 ESRBE(6歳以上)
ヨーロッパ PEGI7
ニュージーランドの旗OFLC:G
コンテンツ
アイコン
アメリカ合衆国 Mild Fantasy Violence
ヨーロッパ Violence
その他 型式:日本 T-35013
アメリカ合衆国 35046
テンプレートを表示

武者アレスタ』は、1990年12月21日に日本の東亜プランから発売されたメガドライブ用オリジナルロボット

縦スクロールシューティングゲーム。日本国外では『M.U.S.H.A.』のタイトルで発売された。

同社の『アレスタシリーズ』(1988年 - 1993年)の第3作目。天暦91年を舞台に主人公の「MUSHA部隊」が搭乗する自機を操作し、暴走した環境制御システムの中枢である「大亜51」を倒して地球を救出する事を目的としている。未来を舞台としながらも、鎧武者や瓦屋根などの純和風の世界観を持つ事を特徴としている。

開発はコンパイルが行い、プロデューサーはアレスタシリーズを手掛けた仁井谷正充、プログラムはテクノソフトから発売されたパソコン用ソフト『ヘルツォーク』(1988年)を手掛けた外山雄一とケイ・アミューズメントリースから発売されたファミリーコンピュータ用ソフト『タッチダウンフィーバー』(1988年)を手掛けた弓恭羅、音楽はナグザットから発売されたPCエンジン用ソフト『エイリアンクラッシュ』(1988年)を手掛けた迫田敏明が担当している。

2008年にはWii用ソフトとしてバーチャルコンソールにて配信された。

概要[編集]

当時コンパイルが展開していた縦スクロールシューティングゲーム、『アレスタシリーズ』のひとつとして開発、シューティング業界の雄であった東亜プランから発売された。文明が発展し宇宙空間にスペースコロニーを建造し居住しているような未来世界が舞台だが、自機である戦闘機から、鎧武者の形を模していたオリジナルロボットを変更したり、瓦屋根の高層ビルがあったりと、造形は和風のイメージで統一されている。

当初は『重殻装甲アレスタ』のタイトルで、エーワンという会社から発売予定だったが、その後発売元が東亜プランになり、タイトルも変更された。

後年、他のゲーム機用ソフトとして移植した事例については、#他機種版を参照。

ゲーム内容[編集]

システム[編集]

方向ボタンで自機移動、Cボタンで通常弾を発射する。特殊兵器のアイテムを取っている場合、その発射はBボタンで行う。Aボタンで自機に随伴するオプションのフォーメーションが変更可能。スタートボタンでポーズ中は、方向ボタンで自機のスピード調整が可能。

メガドライブ標準パッド・ジョイスティックの他、電波新聞社が当時発売していたアナログコントロール操作が可能なジョイパッドにも対応している。

エクステンド[編集]

得点が10万点、100万点、500万点、1000万点で、その後は1000万点ごとに自機が1機ずつ追加される。

武器[編集]

  • 通常弾(SEAL CLUSTER BEAM)
    通常弾はスタート時から装備されている武器。パワーチップを取るたびに何段階かパワーアップするが、自機が爆発すると、またもとの状態に戻ってしまう。
  • 特殊兵器(SUB WEAPON UNIT)
    アイテムを取ると、使えるようになる。全3種類。同じアイテムを続けて取るとレベルアップして、強力になる。他の種類のアイテムを取ると、レベルは変わらず武器が切り替わる。また、敵弾に当たるとなくなるが、アイテム再取得で同レベルのまま使用可能。
    • BLAZING BEAM
      強力なビームが前方に発射される。レベルが上がると、ビームの発射数が増えたり、ビームが太くなったりする。
    • VANISHING BUSTER
      爆弾を発射する。レベルによって爆弾の数が増え、最高レベルでは敵を引き寄せる“ブラックホール弾”を発射できる。
    • DEFENSIVE DETONATOR
      敵機や敵弾を防ぐバリアが自機の回りを回転する。最高レベルではそのバリアを前方に発射できるようになる。
  • オプション(OFFENSIVE OPTION)
    パワーチップを3個取るたびに自機にオプションが1機ずつ装備される。オプションは2機まで装備でき、それ以上はストックされる。オプションは敵や敵弾に何回か当たると爆発・消滅するが、ストックがあれば再装備される。自機がやられてもストック数は減らない。また、このオプションには、以下のような6つのフォーメーションがある。
    • フォーメーション1 <FORWARD>
      自機の左右にオプションが固定装備され、前方に弾丸を発射する。前方から来る敵に対して有効なフォーメーション。
    • フォーメーション2 <3WAY>
      自機の左右にオプションが固定装備され、それぞれ左右斜め前方に弾丸を発射する。
    • フォーメーション3 <BACK>
      自機の後方にオプションが固定装備され、それぞれ左右後方に弾丸を発射する。自機の後方防御に適している。
    • フォーメーション4 <REVERSE>
      自機の上下にオプションが装備され、自機の移動と反対方向に弾丸を発射する。
    • フォーメーション5 <ROLL>
      オプションが自機の周囲を回転しながら、弾丸を発射する。敵に囲まれそうになった時などに有効。
    • フォーメーション6 <FREE>
      オプションが敵に向っていき、攻撃する。ただし、この場合だけオプションの耐久力が低く、ダメージ3回で爆発してしまう。

設定[編集]

ストーリー[編集]

天暦91年、人類はスペースコロニーを建造し、居住地を宇宙にまで移していた。ところが月の裏側ラグランジュ2に位置するコロニー群「リトル・ジャパン」の環境制御システムが突然暴走し、その中枢である「大亜51」が人類に対して攻撃を始めた。「大亜51」は他のコロニー群に対して激しい攻撃を行い、コロニーの残骸を集めては自らのコロニーを強化、拡大していった。そして、その巨大で異様な姿は、人々に嫌悪と恐怖を与えた。

急ぎ「大亜51」の誤作動の原因がさまざまな方法で調査されたが、ついに究明には至らなかった。さらにその間にも、「大亜51」はアームドアーマーなどの強力な機動兵器を使用し、地球上に対してまで攻撃を加え始める。地球上での戦闘は熾烈をきわめ、戦局は一進一退の膠着状態となっていた。この戦局を打開するために、ついにMUSHA部隊に出撃命令が下った。

ステージ構成[編集]

全7ラウンド構成。プレイ前には「オプション」から、3つの難易度を選べる。デフォルト設定は「NORMAL」で、他に少しだけ優しい「EASY」、最高難易度「HARD」が存在。それぞれの難易度はゲームクリア後に表示されるエンディングのグラフィック枚数に連動(数枚程度の差だが)、「HARD」が一番多い。

  • オープニング
    敵要塞の攻撃に向ったMUSHA部隊。ところが敵からの激しい攻撃に4機は戦闘不能になってしまう。ただ1機残ったエリノアは、単独で敵基地の攻撃に向かう。
  • ROUND1 機動要塞の発進を阻止せよ
    敵の巨大キャラを追撃するエリノア。彼女の前に、敵の前線基地が、その異様な姿を現す。
    <ボス:怒駆絽(どくろ)>
  • ROUND2 機動要塞中枢を破壊せよ
    エリノア機の攻撃により、機動要塞の運動機能は止まった。エリノアは要塞内部へと突入する。
    <ボス:維乃上(いのうえ)>
  • ROUND3 敵秘密兵器を撃破せよ
    他の敵前線基地で、新兵器が製造されている。指令を受けたエリノア機は、その敵基地を破壊すべく転戦する。
    <ボス:過武器Ζ(かぶきぜーた)>
  • ROUND4 領空侵犯機を迎撃せよ
    日本上空に多数の敵機が来襲。本部は敵機の迎撃にアレスタを投入し、本土上空で敵との壮絶な戦いがくり広げられる。
    <ボス:由騎悪mk5(ゆきおまーくふぁいぶ)>
  • ROUND5 敵補給艦を叩け
    日本上空の敵を撃退し、帰還しようとするエリノアは、敵補給部隊を発見。エリノア機は単身、敵補給艦隊に挑む。
    <ボス:鬱之宮(うつのみや)>
  • ROUND6 敵戦闘艦を追撃せよ
    補給艦隊との戦闘中、エリノアは敵戦艦をキャッチした。アレスタは勇躍、敵の巨大戦艦に追撃をかける。
    <戦艦:霧羅鮫(むらさめ)>
  • ROUND7 敵基地中枢へ侵攻せよ
    敵との交戦中、エリノアの前にある空間が突然ゆがみ、別の空間に出てしまう。
    <胎児玉:亜矢乃麹(あやのこうじ)>

M.U.S.H.A(Metalic Uniframe Super Hybrid Armor)[編集]

元々は真空・無重力状態での作業用スーツに、戦闘用の武器と装甲を装備したもの。だが現在では完全に戦闘用として設計、製作されている。そして大気圏外はもとより、大気圏中でも航空機以上の機動力を発揮することから、地球上の戦闘にもたびたび使用されていた。そんなアームドアーマーの最新タイプとして開発されたのが「MUSHA」である。その1号機、「アレスタ」はエリノアたちMUSHA部隊によって開発テストがくり返されていた。

登場キャラクター[編集]

MUSHA部隊クルー[編集]

  • グレッグ
    アメリカ人。海軍出身のパイロット。
  • ドレッド
    空軍より選抜。MUSHA部隊の隊長。
  • アンドレ
    海兵隊出身。ソビエト人のパイロット。
  • アメリア
    カナダ人。宇宙軍出身の女性パイロット。
  • アヤ
    元は航空大学の所属で、部隊のメカニック。
  • ボビー
    香港生まれ。陸軍出身のメカニック。
  • エリノア・ワイゼン
    航空大学出身で、このゲームの主人公。

移植版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 備考
1 日本 武者アレスタ
アメリカ合衆国 M.U.S.H.A.
ヨーロッパ M.U.S.H.A.
日本 2008年4月1日[2]
アメリカ合衆国 200901192009年1月19日
ヨーロッパ 200907172009年7月17日
Wii 不明 ナグザット ダウンロード
バーチャルコンソール
- 日本では2019年1月31日 配信・販売終了。
2 武者アレスタ 日本 201909192019年9月19日
メガドライブ ミニ エムツー セガゲームス プリインストール - 本体にあらかじめ収録されている42タイトルの中の一つ。
※ 本機は欧米圏でも販売されるが、日本で販売される版にのみ収録。
Wii版
  • 難易度「Hard」クリア時にのみ表示されるエンディングビジュアルにおいて、オリジナルでは描かれている極一部の特定人体部位が無い(ゲーム本編・ストーリーには全く影響しない)。

スタッフ[編集]

  • ゲーム・デザイン:コンパイル
  • スーパーバイザー:広野隆行
  • プログラマー:外山雄一 (68000 SIDE)、弓恭羅 (Z80 SIDE)
  • アート・ディレクター:中島和之
  • ビジュアル協力:寺本耕二、佐藤典司、山田晶二、MASHIRA FX-3
  • ミュージック・コンポーザー:WASHIJA(迫田敏明)
  • サウンド・エフェクト:MATS(塚本雅信)
  • スペシャル・サンクス:水田浩司
  • テスト・プレイヤー:BOBMITSU、MIKEO(末永勝治)、ZENCHI、渡辺康成
  • プロデューサー:仁井谷正充

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
Computer and Video Games70% (MD)[3]
Eurogamer7/10点 (Wii)[4]
ファミ通27/40点 (MD)[5]
IGN8.5/10点 (MD)[6]
NintendoLife9/10stars (Wii)[4]
メガドライブFAN24.74/30点 (MD)[1]
MegaTech71% (MD)[7]
Raze80% (MD)[8]
Sega Pro80% (MD)[9]
Sega Force70% (MD)[10]
Aktueller Software Markt9.6/12点 (MD)[6]
メガドライブ大全肯定的 (MD)[11]
  • ゲーム誌『メガドライブFAN』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、24.74点(満30点)となっている[1]
項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 4.28 4.18 3.92 4.28 4.18 3.90 24.74
  • ゲーム本『メガドライブ大全』(2004年太田出版)では、最強状態でも集めたアイテムが無駄にならない事や、ミスになりにくい自機などに関して「シューティングの根っことでも言うべき部分を大切にしたもの」と高く評価、また本作が「大量破壊による快感とアドリブ主体のバランス」で成立しているとした上で、「『シンプル・イズ・ベスト』の味わい」と肯定的に評価した[11]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 「7月号特別付録 メガドライブ&ゲームギア オールカタログ'93」『メガドライブFAN』第5巻第7号、徳間書店、1993年7月15日、 64頁。
  2. ^ 土本学 (2008年3月31日). “「バーチャルコンソール」4月配信開始タイトルが公開に、MSXは5月” (日本語). iNSIDE. イード. 2020年3月11日閲覧。
  3. ^ Leadbetter, Richard (February 1991). “Megadrive Review: MUSHA”. Computer and Video Games (111): 39. 
  4. ^ a b M.U.S.H.A. for Wii (2009)” (英語). MobyGames. Blue Flame Labs. 2018年5月27日閲覧。
  5. ^ a b 武者アレスタ まとめ [メガドライブ]” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2016年1月30日閲覧。
  6. ^ a b M.U.S.H.A. for Genesis (1990)” (英語). MobyGames. Blue Flame Labs. 2018年5月27日閲覧。
  7. ^ “MUSHA”. MegaTech (1): 79. (December 1991). 
  8. ^ “Musha Aleste”. Raze (7): 66. (May 1991). 
  9. ^ “Aleste”. Sega Pro (1): 18. (November 1991). 
  10. ^ “MUSHA”. Sega Force (10): 68-69. (October 1992). 
  11. ^ a b 「Chapter 03 1990年」『メガドライブ大全(企画・編集:CONTINUE)』太田出版、2004年9月29日、57頁。ISBN 9784872338805

関連項目[編集]

外部リンク[編集]