檸檬のころ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
檸檬のころ
作者 豊島ミホ
日本の旗 日本
言語 日本語
ジャンル 青春小説
刊行 2005年
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

檸檬のころ』(れもんのころ)は、豊島ミホが2005年に幻冬舎から刊行した青春小説。田舎[1]県立高校に通う生徒や教師たちに焦点に一編ずつ焦点を当てて描く短編連作作品である。

2007年に映画化された。

映画[編集]

檸檬のころ
監督 岩田ユキ
脚本 岩田ユキ
原作 豊島ミホ
製作 日下部圭子
見城徹
奥田誠治
平井文宏
澤村功
高松征雄
齋藤清衛
黒谷瑞樹
日下部孝一
出演者 榮倉奈々
谷村美月
柄本佑
石田法嗣
林直次郎
音楽 加羽沢美濃
撮影 小松原茂
編集 日下部元孝
製作会社 「檸檬のころ」製作委員会
配給 ゼアリズエンタープライズ
公開 日本の旗 2007年3月31日
上映時間 115分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

岩田ユキが監督(長編映画初)に加え脚本と劇中歌の作詞を兼務。栃木県那須烏山市周辺をロケ地・物語の舞台とし、原作の世界観を基に独自の脚色を加えている。

ロケ地にある栃木県内3劇場で2007年3月3日先行公開。3月31日以降順次全国公開された。3月21日バップからメイキングDVD『「檸檬のころ ナビゲーションDVD もうひとつの檸檬のころ」』が発売された。

同年9月27日にはバップから本編DVDが発売された。

谷村美月が2008年に本作と『茶々 天涯の貴妃』『魍魎の匣』において、第3回おおさかシネマフェスティバル助演女優賞を受賞。

製作・配給を手がけたゼアリズエンタープライズは本作を最後に全国配給と製作出資から事実上撤退し、2011年2月に破産宣告を受ける。

あらすじ[編集]

吹奏楽部の指揮者の秋元加代子は何でもでき、成績も優秀で東京の大学に進学すると決めている。野球部の西はいつも秋元を見つめていた。

そんな西に「オレ、加代ちゃんが好きなんだ」という同じく野球部でエースの佐々木富蔵。絡むことのない西と秋元の視線、近づく秋元と佐々木の距離。

秋元と同じ教室で音楽を聞くことにのめり込んでいる白田恵は音楽ライターを目指し誌を書き溜めている。白田と同じように音楽を感じている軽音楽部の辻本一也と偶然出会い、音楽談義で盛り上がる。もうすぐ高校最後の文化祭、辻本は作詞を白田に頼む。たくさんの痛みを通じてあふれ出た白田の言葉が、秋元に響き、佐々木や西にも影響を与えていく。そして、五人それぞれの思いが交差していく中で季節は移り変わり、別れの日が近づいていた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 作者の出身地である秋田がモデル。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]