梁思成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
梁思成
Liang Sicheng.jpg
プロフィール
出生: 1901年4月20日
光緒27年3月初2日)
死去: (1972-01-09) 1972年1月9日(70歳没)
Flag of the People's Republic of China.svg 中華人民共和国北京市
出身地: 日本の旗 日本東京
職業: 建築家、都市計画家、建築史家
各種表記
繁体字 梁思成
簡体字 梁思成
拼音 Liáng Sīchéng
和名表記: りょう しせい
発音転記: リャン スーチョン
ラテン字 Liang Szu-ch'eng
テンプレートを表示

梁 思成(りょう しせい、1901年4月20日 - 1972年1月9日)は中華人民共和国建築史家建築家。中国の古代建築と文化遺産の保護に尽力した。中央研究院院士、中国科学院哲学社会科学学部委員。父は清朝末期の改革派である梁啓超、妻は建築家の林徽因である。

経歴[編集]

主要建築作品[編集]

鑑真紀念堂

著作[編集]

  • 『清式営造則例』 中国営造学社 1934(中国建築工業出版社 1982)
  • 『清式営造則例』(清華学人建築文庫)清華大学出版社
  • 『清工部工程做法則例図解』(清華学人建筑文庫)清華大学出版社 2006
  • 『営造法式注釈』中国建築工業出版社 1983
  • 『中国建築史』百花文芸出版社 2005
  • 『中国彫塑史』 百花文芸出版社 1997
  • 『梁思成文集』(全4巻) 中国建築工業出版社 1982-86
  • 『梁思成全集』(全10巻) 中国建築工業出版社 2001-07 
  • "A pictorial history of Chinese architecture" (edited by Wilma Fairbank) Cambridge, MIT Press, c1984
  • 「追憶のなかの日本」『人民中国』(日本語版) 1964年6月号 pp.79-81

その他業績[編集]

  • H.G.ウェルズ『世界史概論』(H.G.Wells, A Short History of the World)翻訳。1920年
  • 1925年に父から宋代の李誡による『営造法式』を受け取ってから本著の注釈につとめ、また1932年から1934年にかけて『清式営造則例』を著述。先代建築構造の現代的解釈に務めた。これらは中国の伝統建築の構造と規則を現代科学技術の観点と手法で総括した中国で初めての著作となる。1943年には『中国建築史』の原稿を完成させ、1966年には『営造法式』の注釈を完成させる
  • 天津市政府主催「天津特別市公共建築建設規画」建築設計競技に張鋭と参加し最優秀賞受賞。1930年
  • 「薊県独楽寺観音閣山門考」及び「薊県観音寺白塔記」発表。中国で初めて現代科学手法で古建築を調査・実測した調査報告書となる。1932年
  • 「我們所知道的唐代建築与宮殿」発表。1932年
  • 山西省応県の仏宮寺で遼代の木塔(応県木塔)を発見し実測を実施。1056年建造とされ、現存する19世紀以前の木造建築では最も高い建物とされる。1933年
  • 隋代の「趙州橋」を河北省趙県で発見し実測。現存する中国最古の石造アーチ橋とされる。1933年
  • 山東省曲阜孔廟建築を調査と実測し孔廟修築計画を作成。1935年
  • 河北省の独楽寺の観音閣(984年建造)を発見し調査
  • 河南省嵩岳寺の磚塔(520年建造)を発見し調査
  • 佛光寺正殿(山西省五台県)を発見し調査。857年建造の唐代の木造建築とされる。1937年
  • 戦区文物保存委員会文物目録を編纂。1945年
  • 全国重要建築文物簡目を編纂。1949年
  • 北平伝統建築の保護提案書を作成。中国共産党解放軍要請による。1948年
  • 「北京の城壁の保存問題に関する討論」(城壁討論)発表。北京城壁保護を呼びかけ。1950年
  • 「中央人民政府の行政中心区の位置に関する提案」(陳占祥らと。梁陳プラン)を提出。北京全体の保護、城壁外に中央行政区の建設を提案。1950年
  • 祖国の建築の伝統と当面の建設問題(『新観察』第16期)発表。ここで紹介されている建築物のほとんどが梁思成夫婦によって発見・調査された文化遺産。1952年
  • 『建築学報』創刊、編集長就任。中国近代建築学界最初の学術的刊行物 1954年 

日本の古都の恩人説と銅像建立問題[編集]

戦時中、京都奈良の歴史的建造物を守るため、米軍に空爆をしないように進言したという中国発の説がある。京都や奈良が(大規模な)爆撃を免れたことについては、米美術史家ラングドン・ウォーナーの功績との説(本人・研究者ともに否定)のほか、フランスではルノンドー将軍フランス語版の進言という説が流布されているが[1]、梁思成の弟子で中国文物学会名誉会長の羅哲文らは「梁から聞かされた」として梁の功績を主張している。

2008年にこの説に基づいて、奈良県に中国の政府系機関の「中華社会文化発展基金会」から日中友好協会薬師寺を通して「古都を救った大恩人」として梁思成銅像を寄贈する打診があり、平山郁夫が顕彰会を設立し日本人から寄付金を募り奈良県文化会館に銅像を設置する動きがあった。2010年6月には日中友好の証として平城京遷都1300年祭にも合わせて、北京中国国家博物館中国人民政治協商会議の孫家正副主席、清華大学の顧秉林学長、元中国大使阿南惟茂、窪田修奈良副知事、梁思成の親族らが出席して大々的に記念式典が行われた。しかし「史実かどうか極めて疑わしく中国の対日世論工作の疑いがある」との600件余りの抗議が県に寄せられ、2010年9月の尖閣諸島中国漁船衝突事件により日中関係も悪化していたため、2010年12月に計画は中止された。同月時点で顕彰会は解散し寄付金の返還が始まっている。

この説については、梁思成が進言したことを示す物的証拠は全く見つかっておらず、麻田貞雄平川祐弘秦郁彦等の学者らはこの説に疑義を呈し銅像の建立に反対していた。そもそも当時のアメリカが海外の一研究者の進言で戦略を転換することは考えにくく、現実にも京都は原子爆弾の投下候補地に入っており、戦争がもう少し長引けば京都が核にさらされる可能性は高かったし(日本への原子爆弾投下#第三の原子爆弾投下準備を参照)、奈良は軍事施設や工場が少ない等、戦争当時も空爆の危険は少ないとされていた。また仮に進言が事実だとしても、実際は京都と奈良に空爆は行われ数百名の死者が出ている(京都空襲奈良空襲を参照。)為、この点においては梁の成果は存在しない。

文化大革命[編集]

建築設計に民族的な様式を用いることを主張。しかし国家が経済計画を保証するため全国的増産節約運動を推し進める過程で揚正彦らから、現代建築でこれがどれだけの費用がかさむかを詳細かつ執拗に述べられ、また復古主義の否定などから1955年に中国共産党中央政治局の批判に遭う。このため梁自身が自己批判し政治的決着をつける。1966年の文化大革命の際には引き回しを受け、罪の告白を強いられている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 王軍著、多田麻美訳『北京再造 古都の命運と建築家梁思成』集広舎 2008
  • 竹内実監修『解題注釈毛沢東選集第五巻』三一書房
  • 小島麗逸著『中国の都市化と農村建設』龍渓書舎
  • 林洙著『梁思成』河北教育出版社
  • 『北京通史』第10巻 北京市社会科学院
  • 陳真著『柳絮降る北京より』東方書店

脚注[編集]

  1. ^ 平川祐弘 「日本人の安易な感謝癖と謝罪癖」 『産経新聞』 2010年9月27日