桂林寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
桂林寺
Keirinji02s3200.jpg
山門(仁王門)
所在地 京都府舞鶴市紺屋69
位置 北緯35度26分49.36秒
東経135度19分22.88秒
山号 天香山
宗派 曹洞宗
本尊 阿弥陀如来
創建年 1401年応永8年)
開基 竺翁雄仙
文化財 石灯籠(重要美術品)
絹本著色仏涅槃図(府文化財)
梵鐘(市文化財)
テンプレートを表示
総門
本堂前

桂林寺(けいりんじ)は、京都府舞鶴市にある、丹後有数の歴史を誇る曹洞宗中本山の禅寺。山号は天香山。

歴史[編集]

1401年応永8年)、竺翁雄仙(ちくおうゆうせん)和尚により創建。1600年慶長5年)、関ヶ原の戦いに際し6世住持の大渓は田辺城籠城した細川幽斎を支援。その功績に対し仏涅槃図や梵鐘が細川家から寄進された。

境内[編集]

  • 山門 - 入母屋造、三間一戸二重門。1717年享保2年)建立。(市内最大とされる)
  • 鐘楼堂 - 1935年昭和10年)再建。下層を通路とした竜宮門形式。
  • 2001年(平成13年):開創600年記念事業として本堂屋根の葺き替えなどを挙行。

文化財[編集]

所在地[編集]

京都府舞鶴市紺屋69

交通アクセス[編集]

近隣情報[編集]

関連項目[編集]