根冠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
根の100倍拡大図。1:分裂組織、2:平衡細胞と平衡石、3:根冠の側面、4:境界細胞、5:伸長領域

根冠(Root cap)は、植物の先端に現れる組織である[1]重力屈性に関わる平衡細胞を含む[1]。根冠が慎重に取り除かれると、根はランダムに成長することになる。根冠は、植物の成長点を保護している[1]

根冠の形態は分裂組織による細胞分裂と境界細胞の脱離によって厳密に制御されている[2][3]

根冠が脱離する機構は植物種によって異なっており、基本的には細胞が単独で脱離するが、モデル生物であるシロイヌナズナを含む多くのアブラナ科植物では細胞が層として脱離することが知られている[4]

単独で脱離するような境界細胞は、脱離した後もしばらくは生きており[5]、根圏生物との相互作用に関わる物質を分泌していると考えられている[2]

寄生植物水草の中には、根冠を持たないものもある。これらの植物では、その代わりに、袋状の根嚢と呼ばれる組織がある。

出典[編集]

  1. ^ a b c Raven, J.A.; Edwards, D. (2001). “Roots: evolutionary origins and biogeochemical significance”. Journal of Experimental Botany 52 (90001): 381–401. doi:10.1093/jexbot/52.suppl_1.381. PMID 11326045. 
  2. ^ a b Hawes, Martha C., et al. "The role of root border cells in plant defense." Trends in plant science 5.3 (2000): 128-133.
  3. ^ Hawes, Martha C., et al. "Root caps and rhizosphere." Journal of Plant Growth Regulation 21.4 (2002): 352-367.
  4. ^ Driouich, Azeddine, et al. "Unity is strength: the power of border cells and border-like cells in relation with plant defense." Secretions and Exudates in Biological Systems. Springer Berlin Heidelberg, 2012. 91-107.
  5. ^ Knudson, Lewis. "Viability of detached root-cap cells." American Journal of Botany 6.7 (1919): 309-310.