柔組織

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

柔組織(じゅうそしき、英語:Parenchyma)は生物組織であり、動物植物ではそれぞれ意味が異なる。

動物の場合[編集]

柔組織は、器官の機能的を持つ部分を指す。組織を支えるだけの基質とは異なる。

例えば次のようなものである。

器官 柔組織
腎臓 ネフロン
肺胞
脾臓 白脾髄赤脾髄
神経細胞

植物の場合[編集]

柔組織は、細胞壁木質化されていない柔細胞からなる組織を指す。貯蔵組織と同化組織に大別される。貯蔵組織は、の中心にある髄と、表皮と中心柱の間のことである皮層[1]に見られ、デンプンなどを蓄える。同化組織は葉肉(さく状組織と海綿状組織を合わせて葉肉と呼ぶ[2])のことで、葉緑体を含み、光合成呼吸を担っている。[3]

出典[編集]

  1. ^ 皮層 - コトバンク”. 2020年5月8日閲覧。
  2. ^ 葉肉 - コトバンク”. 2020年5月8日閲覧。
  3. ^ 鈴木孝仁監修、数研出版編集部編『三訂版 フォトサイエンス 生物図録』数研出版、2016年、36ページ

関連項目[編集]