ヒルガオ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒルガオ科
Convolvulus arvensis.jpg
セイヨウヒルガオConvolvulus arvensis
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : キク亜綱 Asteridae
: ナス目 Solanales
: ヒルガオ科 Convolvulaceae
英名
morning glory family
  • 本文参照
Convolvulus arvensisの花式図

ヒルガオ科 (Convolvulaceae) はナス目に含まれる科の一つで、ヒルガオアサガオサツマイモなどを含む。約50属1200種からなり、熱帯亜熱帯を中心に世界的に分布する。日本には5属10種ほどが自生する。

または低木で、大部分はつる性または茎が地面を這う。は互生。は5または4数、花弁は合生してラッパ状になり、1日でしぼむものが多い。子房上位がくは花後も残る。果実はさく果または液果で、大きい種子胚乳はない)を含む。

経済的に最も重要なのはサツマイモで、ほかに茎葉を食用にするヨウサイなどがある。

アサガオ、モミジヒルガオヨルガオウリ科の植物ユウガオとは別物)、ルコウソウエボルブルス属など、花が美しいので栽培されるものも多い。

ネナシカズラ属(クロンキスト体系では独立のネナシカズラ科とするが、ヒルガオ科に含めることも多い)は寄生植物で、農業に被害を及ぼすこともある。

主な属[編集]