柿崎譲志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

柿崎 譲志(かきざき じょうじ)は日本の音楽プロデューサー第一音響代表取締役社長。

ザ・フォーク・クルセダーズの新結成やサディスティック・ミカ・バンドの再再結成なども仕掛けた音楽プロデューサーであり、オフコース小田和正泉谷しげる大竹しのぶ平松愛理蘭華など多くのアーティストのCD制作に関わっている。

略歴[編集]

1954年生まれ。1970年代より、オフコース小田和正らの作品制作に関わる。

2008年3月、加藤和彦が盟友小原礼土屋昌巳屋敷豪太に呼びかけて結成された新たなロックバンド「VITAMIN-Q」を手がける。

2008年10月1日、還暦を迎え再デビューした泉谷しげるの7年ぶりのアルバム『すべて時代のせいにして』を制作。

2009年2月18日、プロデュースした加藤和彦坂崎幸之助THE ALFEE)のユニット「和幸」の2ndアルバム『ひっぴいえんど』がリリースされた。

2010年5月26日、フジ・メディア・ホールディングス傘下のフジパシフィック音楽出版(現フジパシフィックミュージック)執行役員就任。

2015年6月1日フジパシフィックミュージック取締役に就任。

2015年7月1日、フジパシフィックミュージック傘下の株式会社第一音響代表取締役社長に就任。

2016年3月1日、日本武道館で行われたニッポン放送「HAPPY FM93」開局記念&フジパシフィックミュージック創立50周年記念コンサート「オールナイトニッポン ALIVE ~ヒットこそすべて~」を総合演出、プロデュース。

2016年9月21日、プロデュースしたシンガーソングライター蘭華の『東京恋文』がリリース、11月17日に第58回日本レコード大賞企画賞を受賞。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]