松井満

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松井 満
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山口県厚狭郡(現・山陽小野田市
生年月日 (1956-05-21) 1956年5月21日(63歳)
身長
体重
176 cm
81 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手内野手
プロ入り 1974年 ドラフト2位
初出場 1980年10月2日
最終出場 1980年11月8日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

松井 満(まつい みつる、1956年5月21日 - )は、山口県出身の元プロ野球選手外野手内野手)。右投右打。

来歴・人物[編集]

山口・下関商高では外野手として活躍。1973年秋季中国大会で準々決勝に進むが、土居正史投手を擁する岡山東商に逆転負け。翌1974年春季中国大会でも準決勝に進出。松江商と対戦するが、エース中林千年(法大日本新薬)を攻略できず、延長18回再試合の末に完封負けを喫する。

同年ドラフト2位で阪急入団し、内野手に転向。1980年には三塁手として3試合に先発出場を果たすが、その後は出場機会がなく、1983年限りで現役引退。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1980 阪急 7 10 8 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 2 0 0 1 2 .125 .300 .125 .425
通算:1年 7 10 8 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 2 0 0 1 2 .125 .300 .125 .425

記録[編集]

背番号[編集]

  • 41 (1975年 - 1983年)

関連項目[編集]