松井剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

松井 剛(まつい たけし、1972年 - )は日本経営学者。専門はマーケティング論消費者行動論文化社会学一橋大学大学院経営管理研究科教授。日本商業学会賞奨励賞、日本商品学会賞、テイラーアンドフランシス最優秀論文賞、助成研究吉田秀雄賞奨励賞等受賞。

人物・経歴[編集]

北海道生まれ[1]札幌市の高校を経て[2]、1995年一橋大学商学部卒業。1997年一橋大学大学院商学研究科博士前期課程修了、2000年同博士後期課程修了。論文「『消費と自已実現』:消費社会の進歩主義的理解の歴史的再検討」により博士(商学)の学位を取得。審査員は沼上幹伊丹敬之栗原史郎。PRプランナーの中川淳一郎が学部生として商品学片岡寛ゼミに所属していたとき、同ゼミの大学院生として指導を行った[3][4][5][6]

2000年から一橋大学大学院商学研究科専任講師。同准教授プリンストン大学社会学部客員研究員を経て、2013年一橋大学大学院商学研究科教授、消費者行動研究学会監事[7]。専攻はマーケティング。2013年日本マーケティング学会第2回マーケティングカンファレンス2013ベストペーパー賞受賞。2014年日本商業学会賞奨励賞及び日本商品学会論文賞受賞。同年、鷲田祐一及び上原渉との共著論文"Do Foreign Creative Industry Products Contribute to the Promotion of Products imported from the Same Country?"により、世界マーケティング経営学会連合(GAMMA)Global Marketing Conferenceテイラーアンドフランシス最優秀論文賞受賞。2015年日本商品学会賞受賞。同年助成研究吉田秀雄賞奨励賞受賞[8]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「著者略歴」『「学問」はこんなにおもしろい!』
  2. ^ 「観光客は絵葉書と同じ写真を撮りたがる」cakes2018年2月15日
  3. ^ 「学位授与者(万代勝信・沼上幹・福島英史・妹尾大・孫立堅・佐々木百合・石井昌宏・加賀谷哲之・松井剛・畢滔滔・鄭基龍・洪仁淑)」一橋論叢1-Sep-2000
  4. ^ 「松井 剛(マツイ タケシ)」一橋大学
  5. ^ unkotaberunoのツイート(743814812950396929)
  6. ^ 今井雄紀「「利便性の追求」で一億を稼ぐライター、中川淳一郎」ジセダイ
  7. ^ 「松井 剛(マツイ タケシ)」一橋大学
  8. ^ 「松井 剛」J-GLOBAL

外部リンク[編集]