嶋浩一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
しま こういちろう
嶋 浩一郎
生誕 (1968-11-02) 1968年11月2日(50歳)
日本の旗 日本 東京都
出身校 上智大学卒業
職業 クリエイティブディレクター

嶋 浩一郎(しま こういちろう、1968年11月2日 - )は、日本クリエイティブディレクター。博報堂ケトル共同CEO


人物[編集]

上智大学法学部を卒業後、1993年に博報堂入社[1]し、コーポレート・コミュニケーション局で企業の広報・情報戦略に携わる[2]。2001年に朝日新聞社へ出向[3]し、スターバックスなどで販売された若者向け新聞「SEVEN」の編集ディレクターを務め[4]、2002から2004年にかけて博報堂刊『広告』の編集長を務めた[5]。2004年に「本屋大賞」を企画してNPO本屋大賞実行委員会で理事[6]を務める。2006年に博報堂ケトルを設立した[7]

週刊少年サンデー週刊少年マガジン50周年コラボ企画、KDDI伊藤忠商事「MOTTAINAI」などの広告キャンペーンを手掛け、カルチャー誌『ケトル』やエリアニュースサイト『赤坂経済新聞』で編集長[8]を務める。編著書に『CHILDLENS』、『嶋浩一郎のアイデアのつくり方』、『企画力』、『このツイートは覚えておかなくちゃ。』、『人が動くものが売れる編集術 ブランド「メディア」のつくり方』がある[9]

作品[編集]

  • 嶋浩一郎のアイデアのつくり方(2007年 ディスカヴァー・トゥエンティワン)
  • 企画力(2009年 翔泳社)
  • 人が動くものが売れる編集術 ブランド「メディア」のつくり方(2010年 誠文堂新光社)
  • このツイートは覚えておかなくちゃ。(2010年 講談社)
  • なぜ本屋に行くとアイデアが生まれるのか(2013年 祥伝社)
  • 欲望する「ことば」 「社会記号」とマーケティング(松井剛と共著)(2017年 集英社新書)

出典[編集]

  1. ^ BUAISO インタビュー2014年5月9日閲覧。
  2. ^ PASS THE BATON PEOPLE2014年5月9日閲覧。
  3. ^ ARTS FIELD TOKYO 講師一覧2014年5月9日閲覧。
  4. ^ COMMUNICATUON DESIGN LAB インタビュー2014年5月9日閲覧。
  5. ^ 朝日新聞社広告局インタビュー2014年5月9日閲覧。
  6. ^ 読売ADリポート ojo 特集2014年5月9日閲覧。
  7. ^ 博報堂ケトル About2014年5月9日閲覧。
  8. ^ 日経トレンディ2014年5月9日閲覧。
  9. ^ 博報堂ケトル Kettler2014年5月9日閲覧。


外部リンク[編集]

博報堂ケトル