松下大三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松下 大三郎(まつした だいざぶろう、1878年10月24日 - 1935年5月2日)は、日本の文法学者。曲水と号した。

人物[編集]

静岡県磐田郡野部村(現・磐田市)生まれ。1898年國學院を卒業し、1905年、宏文学院教授、1913年日華学院を創設し、以来、中国留学生教育に尽くした。1924年國學院大學講師、のち教授となり、1932年、文学博士。その日本語文法理論は「松下文法」とよばれる。

著書に口語文法書の『日本俗語文典』(1901年)などがあり、渡辺文雄との『国歌大観』正・続(1901年-1903年)は国文学和歌研究史に期を画した。

関連項目[編集]