喚体句

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

喚体句(かんたいく)は、俳句短歌で用いられる修辞法の一つ。国語学者山田孝雄による山田文法の用語。

概略[編集]

主語述語」の形式を使用せずに、「新鮮な空気よ」といった風に体言を提示して結びとするの修辞法。これは主として感動や希望を表現する際に多用され、「感動喚体句」と「希望喚体句」の二つに分かれる。山田は、喚体句が「主語-述語」の関係がなくとも文の体をなしている点に着目した。

関連項目[編集]