東市来町神之川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 鹿児島県 > 日置市 > 東市来町神之川
東市来町神之川
字域の南端を流れる神之川 (写真左手が東市来町神之川)
字域の南端を流れる神之川
(写真左手が東市来町神之川)
東市来町神之川の位置(鹿児島県内)
東市来町神之川
東市来町神之川
北緯31度37分28.8秒 東経130度20分0.1秒 / 北緯31.624667度 東経130.333361度 / 31.624667; 130.333361
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 鹿児島県
市町村 日置市
地域 東市来地域
人口
(2010年10月1日現在)
 • 合計 114人
等時帯 UTC+9 (JST)
郵便番号
899-2204

東市来町神之川(ひがしいちきちょうかみのかわ Higashiichiki-Chō Kaminokawa)は、鹿児島県日置市大字。旧日置郡市来郷神之川村、日置郡東市来村大字神之川、日置郡東市来町大字神之川。人口は114人、世帯数は59世帯(2010年10月1日現在)[1]郵便番号は899-2204。

地理[編集]

日置市の西部、神之川下流域の右岸に位置する。字域の北方には日置市東市来町伊作田、南方には日置市東市来町南神之川、東方には日置市東市来町宮田にそれぞれ接しており、西方は東シナ海に面している。

神之川沿岸は水田が多く農業を主体とした地域となっている[2]

1950年昭和25年)までは字域内に教育施設が存在しなかったが、同年に東市来町立伊作田小学校川原分校が設置された。1956年昭和31年)には下伊集院村大字神之川の一部を東市来町が編入した際には、編入した区域(現在の日置市東市来町南神之川)の児童を受け入れた。1975年昭和50年)に本校に統合され、廃校となった[3]

河川[編集]

  • 神之川

歴史[編集]

神之川の成立と江戸期[編集]

神之川(市来郷における)という地名は江戸期より見え、薩摩国日置郡市来郷(外城)のうちであり、村高は「天保郷帳」97石余、「旧高旧領取調帳」には218石余であったと記されている[4]

物産として陶土が産出されており、苗代川村(現在の日置市東市来町美山)で生産される薩摩焼の原材料として用いられたとされる[4]

また、河川である神之川を挟み南側に隣接していた、伊集院郷神之川村(現在の日置市東市来町南神之川及び日置市日吉町神之川)と、市来郷神之川村は村名は同一であるが、江戸期より別の村として扱われており、町村制施行時には市来郷の神之川村は東市来村、伊集院郷の神之川村は下伊集院村と別々の自治体に属している。

町村制施行以後[編集]

1889年明治22年)に町村制が施行されたのに伴い、市来郷のうち東半分の区域から東市来村が成立し、それまでの神之川村は東市来村の大字「神之川」となった。1937年昭和12年)には東市来村が町制施行し東市来町となり、東市来町の大字となった[4]

2005年平成17年)には東市来町が伊集院町吹上町日吉町と合併し日置市が新設され、大字神之川は日置市の大字「東市来町神之川」となった[5]

施設[編集]

寺社
  • 諏訪神社
    建御名方命天照皇大神倉稲魂命を祀る神社であり、島津忠久が薩摩に下向した際に丸田氏が日置の地頭に任命された山田式部少輔有実を迎えに鎌倉に派遣した際、丸田氏が鎌倉から勧請し創建したものとされる。明暦元年に再建されている[6]

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区(校区)は以下の通りとなる[7]

大字 区域 小学校 中学校
東市来町神之川 全域 日置市立伊作田小学校 日置市立東市来中学校

交通[編集]

道路[編集]

国道

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 2.男女別人口及び世帯数 - 町丁・字等(CSVファイル)( 平成22年国勢調査 小地域集計 46鹿児島県) - 総務省統計局 2012年6月17日閲覧。
  2. ^ 角川日本地名大辞典 p.1063
  3. ^ 学校沿革の大要 - 日置市立伊作田小学校 2013年2月23日閲覧。
  4. ^ a b c 角川日本地名大辞典 p.210
  5. ^ 日置市の住所表示 - 日置市 2012年6月17日閲覧。
  6. ^ 諏訪神社 - 鹿児島県神社庁 2013年2月23日閲覧。
  7. ^ 日置市立小学校及び中学校の通学区域に関する規則 - 日置市例規集 2013年2月23日閲覧。

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』角川書店、1983年。ISBN 978-4040014609

関連項目[編集]

座標: 北緯31度37分28.8秒 東経130度20分0.1秒