東市来町美山元寺脇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 鹿児島県 > 日置市 > 東市来町美山元寺脇
東市来町美山元寺脇
美山本線料金所
東市来町美山元寺脇の位置(鹿児島県内)
東市来町美山元寺脇
東市来町美山元寺脇
北緯31度38分19秒 東経130度21分29秒 / 北緯31.63861度 東経130.35806度 / 31.63861; 130.35806
日本の旗 日本
都道府県 鹿児島県の旗 鹿児島県
市町村 日置市
地域 東市来地域
等時帯 UTC+9 (JST)
郵便番号
899-2431

東市来町美山元寺脇(ひがしいちきちょうみやまもとてらわき Higashiichiki-Chō Miyamamototerawaki)は、鹿児島県日置市大字。旧日置郡東市来町美山の一部、日置郡東市来町美山元寺脇郵便番号は899-2431。

地理[編集]

日置市の中部、神之川中流域に位置している。字域の北方から東方にかけては日置市東市来町美山、南方から東方にかけては日置市東市来町寺脇、西方には日置市東市来町宮田がそれぞれ隣接している。

字域の中央部を南九州西回り自動車道が南北に通っており、美山本線料金所美山パーキングエリア及び2008年に鹿児島方面のみのハーフICとして設置された美山インターチェンジが美山パーキングエリアに併設される形で設置された[1]。また、北端部を日置市道美山神之川線が通っている。

小字[編集]

東市来町美山元寺脇の小字は大坊迫、大坊平、大坊、鷹ノ巣、分石、大穴、加治ヲン、井手口、下西の谷、上西の谷、控松、打水、小谷口、加治ヲン平、留包、小鹿倉がある。

歴史[編集]

前史[編集]

1889年明治22年)に町村制が施行されたのに伴い、伊集院郷の北部の区域より下伊集院村が成立し、それまでの苗代川村は下伊集院村の大字苗代川となった[2]

1956年昭和31年)に下伊集院村が伊集院町東市来町日吉町郡山町に分割編入される際に、大字苗代川は東市来町に編入されることとなり、編入の際に改称され東市来町の大字美山となった[3]

設置以降[編集]

2004年平成16年)10月29日に大字美山の一部より分割され、東市来町の大字「美山元寺脇」として設置された[4]

2005年(平成17年)には東市来町が伊集院町日吉町吹上町と共に新設合併し、その際に大字名をそれまでの大字名に自治体名を冠したものに改称することとなり、大字美山元寺脇は日置市の大字「東市来町美山元寺脇」となった[5]

字域の変遷[編集]

実施後 実施年月日 実施前
大字 小字
美山元寺脇(全域) 2004年10月29日 美山 大坊迫、大坊平、大坊、鷹ノ巣、分石、大穴、加治ヲン、井手口、下西の谷、上西の谷、控松、打水、小谷口、加治ヲン平、留包、小鹿倉

施設[編集]

その他

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区(校区)は以下の通りとなる[6]

大字 小字 小学校 中学校
東市来町美山元寺脇 全域 日置市立美山小学校 日置市立東市来中学校

交通[編集]

美山パーキングエリア
美山インターチェンジ

道路[編集]

高規格幹線道路
市道
  • 日置市道美山神之川線

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 南九州西回り自動車道〔美山インターチェンジ〕の開通について - 日置市 2013年6月23日閲覧。
  2. ^ 角川日本地名大辞典 p.461-462
  3. ^ 角川日本地名大辞典 p.614
  4. ^ 平成16年鹿児島県告示第1800号(同年10月29日発行「鹿児島県公報」第2031号所収。Wikisource-logo.svg 原文)。
  5. ^ 日置市の住所表示 - 日置市 2013年6月23日閲覧。
  6. ^ 日置市立小学校及び中学校の通学区域に関する規則 - 日置市例規集 2013年3月5日閲覧。

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』角川書店、1983年。ISBN 978-4040014609

関連項目[編集]

座標: 北緯31度38分19秒 東経130度21分29秒