東史郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

東 史郎(あずま しろう、1912年(明治45年)4月27日 - 2006年(平成18年)1月3日)は、 日本の軍人(召集兵)。上等兵として南京攻略戦に参加し、南京大虐殺(南京事件)を著書『わが南京プラトーン』で告発した。

経歴[編集]

1937年召集された後、陸軍第16師団歩兵第20連隊第1大隊第3中隊上等兵として南京攻略戦などに参加した。京都府出身。戦後は町会議員などを務める。

1987年、中国戦線での体験などを記した日記を公開。同年、日記をもとにした著書『わが南京プラトーン― 召集兵の体験した南京大虐殺』を出版した[1]

2006年1月3日、大腸癌のため死去[1]。93歳。死去に際して中華人民共和国政府[2]および侵華日軍南京大虐殺遇難同胞記念館[3]から哀悼の意が示された。

名誉毀損裁判[編集]

1993年、著書の内容をめぐって元上官から名誉棄損東京地裁に提訴され、記述に客観的証拠がないとして損害賠償を命じられた。2000年1月に最高裁で東の敗訴が確定した[1]

捏造した内容は上官だった元陸軍第16師団歩兵第20連隊伍長の男性が、「中国人を郵便袋の中に入れ、ガソリンをかけて火をつけ、手榴弾を袋のひもに結びつけて沼の中にほうり込んだ」などと言う物だった。裁判では、著書の基になったとされる日記の多くの記述も「疑問が生じる」と指摘され、「主要な部分を裏付ける証拠はなく、真実と認めることはできない」とされた。[4]

著書[編集]

翻訳[編集]

2006年、南京の Jiangsu Education Publishing HouseからThe diary of Azuma Shiroが、キンバーリー・ヒューズ(Kimberly Hughes)翻訳で刊行された。

脚注[編集]

  1. ^ a b c “訃報:東史郎さん93歳=元兵士、南京大虐殺を著書で告発”. 毎日新聞. (2006年1月4日) 
  2. ^ “中国、東史郎氏の逝去に哀悼の意を表明”. 人民網. (2006年1月6日). http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2006-01/06/content_2214929.htm 2012年7月17日閲覧。 
  3. ^ “元日本軍兵士の東史郎氏が病気で死去”. 人民網. (2006年1月4日). http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2006-01/04/content_2214654.htm 2012年7月17日閲覧。 
  4. ^ 南京事件で「虚偽」の残虐行為を証言した元日本兵のビデオ 米高校が教材に使用産経新聞(2015.6.20)web魚拓

関連項目[編集]