東八尾駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東八尾駅
東八尾駅(2006年8月12日)
東八尾駅(2006年8月12日)
ひがしやつお
Higashi-Yatsuo
笹津 (4.5km)
(3.7km) 越中八尾
所在地 富山県富山市八尾町城生
所属事業者 JR logo (west).svg西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 高山本線
キロ程 205.0km(岐阜起点)
猪谷から15.8km
電報略号 ヒヤ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
46人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日 1956年昭和31年)6月1日
備考 無人駅
テンプレートを表示

東八尾駅(ひがしやつおえき)は、富山県富山市八尾町城生(じょうのう)にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)高山本線である。

歴史[編集]

かつて当駅周辺の杉原地区に住む人々は、線路が近隣にあるにも拘らず、列車に乗車するには越中八尾駅まで一里程も歩かねばならず不便を感じていた[1]。これによってまず地元婦人会は中間駅設置運動を盛んに展開し、1955年(昭和30年)には東八尾駅開設期成同盟会を結成して、町議会と共に日本国有鉄道へ請願書を提出した結果、全国から多数の請願があった中でも優先的に開業が実現したという[1]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅停留所)である[4][5]。駅舎は存在しないが、水洗式の便所と長椅子を備える木造の待合所が存在する[4][5]。ただし、自動券売機は設置されていない[5]。ホームは盛土上にあり、待合所脇と笹津方面の2箇所に入口がある[5]。構内には205キロポストが立っている[5]

開業以来無人駅である[5]。北陸広域鉄道部の管理下にある[6]

利用状況[編集]

「富山県統計年鑑」及び「富山市統計書」によると、近年の1日平均乗車人員は以下の通り[7][8]

年度 1日平均
乗車人員
1995年 57
1996年 52
1997年 39
1998年 31
1999年 30
2000年 34
2001年 33
2002年 37
2003年 36
2004年 37
2005年 33
2006年 37
2007年 41
2008年 35
2009年 26
2010年 28
2011年 33
2012年 39
2013年 43
2014年 41
2015年 46

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
高山本線
笹津駅 - 東八尾駅 - 越中八尾駅

脚註[編集]

  1. ^ a b 続八尾町史編纂委員会編、『続八尾町史』(178及び179頁)、1973年(昭和48年)10月30日、八尾町役場
  2. ^ a b 昭和31年日本国有鉄道公示第190号(『官報』、1956年(昭和31年)5月29日、大蔵省印刷局)
  3. ^  石野哲、『停車場変遷大事典 国鉄・JR編Ⅱ』(168頁)、1998年(平成10年)10月、JTB
  4. ^ a b 川島令三編、『中部ライン 全線・全駅・全配線第6巻 加賀温泉駅―富山エリア』(25及び68頁)、2010年(平成22年)9月、講談社
  5. ^ a b c d e f 郡司武編、『週刊朝日百科 JR全駅・全車両基地』48号(27頁)、2013年(平成25年)7月、朝日新聞出版
  6. ^ データで見るJR西日本2016 - 西日本旅客鉄道
  7. ^ 統計年鑑 - 富山県
  8. ^ 富山市統計書 - 富山市

関連項目[編集]

外部リンク[編集]