東バイパスライナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

東バイパスライナー(ひがしバイパスライナー)とは、熊本県内3バス事業者(九州産交バス熊本バス熊本都市バス)が共同運行で熊本市内西南部から東部とを結ぶ路線バスである。

概要[編集]

近年の少子高齢化社会の進展ならびにバス利用者の減少という現状において公共交通機関の果たす役割、すなわち生活に必要な移動手段の確保は益々重要なものとなってきており、このような現状を踏まえ将来にわたって利便性の高いサービスを提供できるバス交通体制を確立させる事を目的として、2008年5月に熊本市と県内のバス事業者や有識者などで構成し『熊本市におけるバス交通のあり方検討協議会』を設置。その中で同市地域公共交通総合連携計画を策定。その1つとして当路線の運行が決定した[1]

当路線は、桜町BT熊本駅などの都心部は経由せず、国道57号東バイパス)をメインに走行する路線として同市西南部から東部方面(西部車庫~長嶺)を運行し、沿線上に点在する済生会病院熊本市民病院などの総合病院への通院に利用する高齢者やその他通勤客などの確保ならびに中心部から周辺へ放射状に伸びるバス路線との乗り継ぎ客への利便性などを検証する目的として2009年9月より実証走行を開始した。当初は熊本市営バスを含む5社局共同運行体制とし、日・祝日を除く平日のみの運行として同年11月末までの期間限定で試験運行としたが、12月以降も実証走行を継続。翌年の2010年3月末までの実証走行を経て、同年4月より本格運行に移行した。2017年4月現在は平日のみ1日11往復運行されている(土・日・祝日ならびに年末年始は運行しない)。

沿革[編集]

  • 2009年9月1日 - 同年11月30日 - 熊本市と『協議会』プロジェクトの一環として県内5社局共同運行において当路線の実証走行を開始。1日24往復48便。この期間内においては、他のバス路線から乗り継いだ場合においては運賃が半額となる運賃割引制度を同時に実施。
  • 2009年12月1日 - 2010年3月31日 - 実証走行期間を延長。熊本市営バスが運行から撤退し4社共同運行体制となり、1日15往復30便に減便。また、2009年11月30日まで実施していた運賃割引制度は廃止。
  • 2010年4月1日 - 正式に運行開始。
  • 2012年4月1日 - 熊本都市バスの運行担当営業所が本山営業所より小峯営業所に変更される。
  • 2014年11月1日 - 熊本電鉄バスの運行担当分を一時的に熊本都市バス小峯営業所が代行。都市バスが2台体制となる。
  • 2015年4月1日 - 熊本電鉄バスの運行担当分が熊本都市バス小峯営業所から、熊本電鉄に戻る。
  • 2016年4月1日 - 運行路線が変更され、JR九州西熊本駅(同年3月26日開業)を経由する形となる[2]
  • 2017年4月1日 - ダイヤ改正。熊本電鉄バスが運行から撤退し、3社共同運行体制による1日11往復22便に減便[3]
  • 2019年9月11日 - この日より熊本都市圏発着路線の熊本桜町一帯再開発ビル(名称:SAKURA MACHI Kumamoto)内バスターミナル(熊本桜町バスターミナル(旧称:熊本交通センター))乗り入れ開始に併せ、熊本都市圏のバス系統番号の変更に伴い、東バイパスライナー専用の系統番号として「HL」が付与される。[4]

運行会社[編集]

停車箇所[編集]

西部車庫 - 新土河原町入口 - 新土河原町 - 薄場町 - 堀の内 - 島団地 - 西熊本駅 - 上ノ郷町 - 下近見(都市バス) - 下近見(川尻市道) - 下近見(東バイパス) - 近見町 - 済生会病院 - 流通団地 - 大黒橋 - 江越橋 - 田迎妙見 - 田迎一里木(西部車庫行のみ) - 出仲間 - 田迎小学校前 - 田迎(長嶺団地行のみ) - 田井島 - 熊本中央病院 - 画図町 - 江津一丁目 - 湖東町 - 市民病院前 - 神水町 - 県会議事堂前 - 熊工前 - 東水前寺 - 帯山小学校入口 - 帯山団地前 - 帯山 - 三郎 - 鉄砲塚 - 県立大通り - 県立大学前 - 日赤病院構内(長嶺団地行のみ) - 日赤病院前 - 身障者福祉センター前 - 福祉センターグラウンド前 - 長嶺団地

乗車券等[編集]

  • 支払いは現金の他、くまモンのICカードまたは全国交通系10社ICカード・SUNQパス(北部九州版・全九州版)などでも使用可。
  • さらに2010年5月10日より『東バイパスライナー専用定期券』が発売開始された。定期券の発売場所は、桜町BTの他、九州産交バスの熊本・木山山鹿大津松橋の各営業所窓口でも販売している。なお専用定期券以外の定期券は使用できない。
    • またこの日から共通フリー乗車券(わくわく1dayパス)の使用も可能となった。本路線においては熊本バスにも使用できる。なお、区間指定(1)のみ、新土河原町入口~東水前寺の区間しか乗車できない。

車両[編集]

  • 九州産交バス
LED行先表示に対応したワンステップ、又はノンステップの中型車両(いすゞ・エルガミオ)が使用されるが、整備・検査で時折ツーステップ車両(日野・レインボーRJ)も使用される。過去において、ツーステップ車運行時は4社中唯一フィルム方向幕の車両であった(現在はLED方向器に改造)。
  • 熊本都市バス(スロープ対応ダイヤ)
近年は以前ゆうゆうバス(区バス)で使用されていた小型車両(日野・ポンチョ)が使用されている。本山営業所の担当の初期は、かつての都心部循環バスで使われていたスロープ付きの小型車両(三菱ふそう・エアロミディMJ)が使用されていた。その後、LED行先表示に対応した熊本市営バス高平団地線(熊本電鉄に移管)用に導入された特注のワンステップ(日デRMショートワンステップのエアサス)が使用されていた。
  • 熊本バス(スロープ対応ダイヤ)
過去に都心部循環バスで使われていたスロープ付きノンステップの小型車両(三菱ふそう・エアロミディMJ)を基本に、予備としてワンステップの同型が使用される。どちらも使用出来ないときは中型車両(ツーステップバス)が使用される。本務車両以外の時はスロープ非対応。
  • 熊本電気鉄道※2017年3月末を以って撤退
当初はLED行先表示に対応した中型車両を使用していたが、2012年頃からは藤崎宮環状線(まちめぐりん)から転用されたかつての都心部循環バス専用車であるスロープ付きの小型車両(三菱ふそう・エアロミディMJ)が主に使用されていた。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 熊本市におけるバス交通のあり方検討協議会資料 (PDF, 国土交通省総合政策局交通計画課)
  2. ^ 平成28年4月1日から「東バイパスライナー」のルート・ダイヤが変わります! 熊本市ホームページ(2016年3月21日閲覧)
  3. ^ 平成29年4月3日から「東バイパスライナー」のルート・ダイヤが変わります! 熊本市ホームページ(2017年4月1日閲覧)
  4. ^ 【2019年9月11日】熊本都市圏の「バス案内番号」が変わります (PDF)”. 九州産交バス (2019年7月29日). 2019年8月4日閲覧。

外部リンク[編集]