未来航路 (愛乙女☆DOLLの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
未来航路
愛乙女☆DOLLシングル
B面 Green
愛情イマジネイション(Type-A)
ここにいるよ(Type-B)
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
レーベル LOVELY RECORDS
作詞・作曲 猟平(#1)
ハマサキユウジ(#2)
福田貴訓(#3)
Wolfman(Type-A・#3)
マキノ・オイワケ(Type-B・#3)
チャート最高順位
愛乙女☆DOLL シングル 年表
光のシンフォニー
2017年
未来航路
(2019年)
真夏イリュージョン
2020年
ミュージックビデオ
愛乙女☆DOLL「未来航路」 - YouTube
EANコード
EAN 4948722543671(LVL-1)
EAN 4948722543688(LVL-2)
テンプレートを表示

未来航路(みらいこうろ)は、日本の女性アイドルグループ・愛乙女☆DOLLの楽曲。自身通算13作目のシングルとして、2019年令和元年)11月26日にLOVELY RECORDSから発売された。

背景とリリース[編集]

前作「夜明け前、虹が差す」「光のシンフォニー」(共に2017年8月15日発売)から2年3ヵ月ぶり、令和改元後初のシングル。また、愛乙女☆DOLL(以下、らぶどると略す)のシングルにおいて、前作からの発売間隔が最も長い作品となっている。

カレンダーガール」(2015年7月21日発売)からシングル5作・アルバム2作をリリースしてきた『FUJIYAMA PROJECT JAPAN』レーベルとの契約を終え、このシングルから、ArcJewelダイキサウンドにより設立されたインディーズレーベル『LOVELY RECORDS』(ラブリーレコーズ)でのリリースとなる[2]。シングルはType-A(LVL-1)とType-B(LVL-2)の2形態がリリースされたが、表題曲のミュージックビデオを収めたDVDは本作以降同梱されていない。

前2作のシングル参加メンバーのうち、朝比奈花恋が2018年6月10日[3]安藤笑が同年8月5日で卒業[注 1]。更に愛迫みゆも2019年7月1日付で卒業[6]したことにより、らぶどる結成時(2010年)のメンバーはいなくなった。愛迫に代わって加入した前田美咲と星凪桃佳にとっては初[7]、またハルナが本名の『日向春菜』名義[注 2]になってから最初のシングルともなる。

キャッチ・コピーは「らぶどるの新たな旅立ち。未来へ進む彼女たちやファンへ!」。

メディアでの使用[編集]

未来航路

チャート成績と評価[編集]

発売当日のオリコンデイリーシングルランキングで1位にランクイン[10]した後、2019年12月9日付のオリコン週間シングルランキングで初登場5位を獲得。らぶどるにとっては「Heatup Dreamer」(2015年12月8日発売)以来4年ぶりのトップ5入りとなり、表題曲を手掛けた猟平(ex.CLØWD)にとっても初のデイリー1位・ウィークリートップ5入りとなった[11]Billboard JAPANは7位が最高である[1]

2020年8月10日開催の『AJ祭 2020夏 ~中野でSun!Sun!Festival!!~』(於:中野サンプラザ)で発表された『AJ祭リクエストアワー』で、「未来航路」が2位にランクインした[注 3]

シングル収録トラック[編集]

TypeA(LVL-1)[編集]

#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「未来航路」猟平猟平猟平
2.「Green」ハマサキユウジハマサキユウジハマサキユウジ
3.「愛情イマジネイション」福田貴訓・Wolfman福田貴訓・Wolfman福田貴訓・Wolfman
4.「未来航路」(Instrumental) 猟平猟平
5.「Green」(Instrumental) ハマサキユウジハマサキユウジ
6.「愛情イマジネイション」(Instrumental) 福田貴訓・Wolfman福田貴訓・Wolfman
合計時間:

Type-B(LVL-2)[編集]

#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「未来航路」猟平猟平猟平
2.「Green」ハマサキユウジハマサキユウジハマサキユウジ
3.「ここにいるよ」福田貴訓
マキノ・オイワケ
福田貴訓
マキノ・オイワケ
福田貴訓
マキノ・オイワケ
4.「未来航路」(Instrumental) 猟平猟平
5.「Green」(Instrumental) ハマサキユウジハマサキユウジ
6.「ここにいるよ」(Instrumental) 福田貴訓
マキノ・オイワケ
福田貴訓
マキノ・オイワケ
合計時間:

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ その後安藤はJewel☆Ciel[4]を経て、2021年10月3日よりAnge☆Reveに移籍している[5]
  2. ^ 2019年6月16日の『ハルナバースデーライブ2019~二十歳の始まり~』(於:東京キネマ倶楽部)において発表[8]
  3. ^ 1位はLuce Twinkle Wink☆の「ヒカリ」[12]

出典[編集]

  1. ^ a b Billboard Japan Top Singles Sales(2019.12.09)”. 阪神コンテンツリンク (2019年12月9日). 2022年9月23日閲覧。 “7位:「未来航路」愛乙女☆DOLL”
  2. ^ “愛乙女☆DOLL、新レーベル「LOVELY RECORDS」の第一弾アーティストに 11月にニューシングル発売”. GirlsNews (レゾリューション). (2019年9月7日). https://girlsnews.tv/news/342749 2022年9月23日閲覧。 
  3. ^ “愛乙女☆DOLL 朝比奈花恋がグループ卒業”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年5月11日). https://natalie.mu/music/news/281813 2022年9月23日閲覧。 
  4. ^ 愛乙女☆DOLL、安藤笑に関するお知らせ”. 愛乙女☆DOLL公式ブログ. LINE BLOG (2018年7月4日). 2022年9月23日閲覧。
  5. ^ “安藤笑が加入&アイドル復帰、Ange☆Reve新体制お披露目ライブ開催「めちゃくちゃ楽しくてびっくり!」”. De☆View (オリコン). (2021年10月5日). https://deview.co.jp/News?am_article_id=2209323&set_cookie=2 2022年9月23日閲覧。 
  6. ^ 愛迫みゆ卒業ライブ♪ありがとう。。♪”. オフィシャルブログ「愛言葉はらぶ&みーたん」. サイバーエージェント (2019年7月5日). 2022年9月23日閲覧。
  7. ^ “愛乙女☆DOLLに新メンバー 前田美咲&星凪桃佳”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年8月20日). https://www.nikkansports.com/info/4356joho/news/201908200000165.html 2022年9月23日閲覧。 
  8. ^ 日向春菜 (2019年6月17日). “ハルナバースデーライブ2019~二十歳の始まり~”. ハルナのやれば出来るじゃん!ブログ. サイバーエージェント. 2022年9月23日閲覧。
  9. ^ 愛乙女☆DOLL「未来航路」が日テレ系列全国ネット『オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。』12月度EDテーマに決定!”. 愛乙女☆DOLL公式ブログ. LINE BLOG (2019年11月19日). 2022年9月23日閲覧。
  10. ^ 前田美咲 [@xxmisakixx] (2019年11月26日). "「未来航路」オリコンデイリー1位頂きました 〜〜!" (ツイート). Twitterより2022年9月23日閲覧
  11. ^ 猟平 [@CLOWD_RYOHEI] (2019年12月3日). "「未来航路」オリコンウィークリー5位、デイリー1位おめでとうございます🎉やったーーーー!!" (ツイート). Twitterより2022年9月23日閲覧
  12. ^ これはまさに真夏のオールスターフェスティバル!!「AJ祭 2020夏 ~中野でSun!Sun!Festival!!~」をライブレポート!!”. ガルポ!. マッシュアップエンターテインメント (2020年8月20日). 2022年9月23日閲覧。

外部リンク[編集]