星野敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

星野 敏(ほしの さとし、1961年昭和36年)4月7日[1] - )は、日本実業家レーシングドライバー、元フェンシング選手。NEXUSCEO(取締役代表執行役員)。元日本フェンシング協会会長。群馬県利根郡片品村出身。

概要[編集]

経営者としては関東圏を中心に展開するパチンコホール「D'STATION」の運営会社NEXUSCEO、アスリートとしては企業として後援しているカーレースに自らも参戦してレーシングドライバー、学生時代にはフェンシング選手として全日本選手権を制覇するなど多彩な顔を持つ。

略歴[編集]

群馬県立沼田高等学校を経て、1984年法政大学を卒業。

実業家として[編集]

片品村舞茸谷川岳材木などを運搬する運送会社を経営する家に生まれる。家業を継いだのち1995年に遊技業に参入し[2]沼田市にD'STATION1号店(現在の沼田総本店)を出店。その後は次々と業域を拡大し、関東圏を中心に数十店舗、年商2000億円超(2016年6月期実績[3])の大企業に成長させた。自身がアスリート出身ということもあり、スポーツへの支援を積極的に行っている。

アスリートとして[編集]

レーシングドライバーとして[編集]

「D'station Racing」のチームオーナーを兼ねながらスーパー耐久ポルシェ・カレラカップのドライバーを務めている。

フェンシング選手・協会役員として[編集]

法政大学在学中の1983年全日本フェンシング選手権大会男子フルーレ個人で優勝。実業家になってからもNEXUSにフェンシング部を創設し、ロンドン五輪銀メダリストの千田健太淡路卓をはじめとした多くの有力選手を輩出している。また、統括・普及活動においても2014年4月から2015年6月までの間、日本フェンシング協会の会長を務めた[4][5]

脚注[編集]