星セント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
星 セント
本名 村山 袈娑夫
生年月日 1948年1月16日
没年月日 (2004-07-22) 2004年7月22日(56歳没)
出身地 日本の旗 日本長野県長野市
最終学歴 長野中央高等学校
師匠 獅子てんや・瀬戸わんや
コンビ名 星セント・ルイス
相方 星ルイス
芸風 漫才
立ち位置
活動時期 1969年 - 2004年
他の活動 俳優
弟子 ヒロミホンキートンク

星 セント(ほし セント、1948年1月16日 - 2004年7月22日)は、日本漫才師。本名、村山 袈娑夫(むらやま けさお)。1970年代に一世を風靡した漫才コンビ星セント・ルイス」の1人。

来歴・人物[編集]

長野県長野市出身。長野中央高等学校を卒業。

高校時代から芸人を志望しており、森繁久彌谷啓関敬六といったコメディアンにファンレターを熱心に送るような青年だった。ファンレターを送る中で、獅子てんや・瀬戸わんやからは卒業後に来るよう返事をもらう。高校卒業後、商業デザイナーを目指して上京。東京プリンスホテルで勤務するなど様々な職業を転々とした後[1]1969年、てんや・わんやに弟子入りする。

1972年星ルイスとともに星セント・ルイスを結成し、1977年にNHK漫才コンクールに出場し優勝(最優秀賞を受賞)。1980年には、「田園調布に家が建つ!!」といった社会風刺ネタの漫才で人気者となり、ツービートB&Bザ・ぼんちに先駆けて、一躍漫才ブームの火付け役となる。

しかし、その思索的な性格から、澤田隆治横澤彪などの漫才ブームの仕掛け人に対して懐疑的で、次第に彼らと距離を置くようになり、テレビ出演が激減。漫才ブーム全盛期には第一線から後退していた。不振の漫才活動の一方で、舞台役者としても活躍。イヨネスコの『授業』や、ベケットの『ゴドーを待ちながら』などに出演した。

2002年にはガンが見つかり右肺を全摘出。この手術で声も失ったが、リハビリを行い回復する。2003年にはルイスとのコンビを解消するも、最後まで漫才への情熱を捨てなかった。

2004年7月22日肺ガンのため56歳で死去。また、2005年3月10日には、相方のルイスも後を追うかのように同じ病気で亡くなった。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

  • 部長の愛人 ピンクのストッキング(1986年、にっかつ
  • 極道はクリスチャン 修羅の抗争(2000年、Knack)

弟子[編集]

B21スペシャルは、セントが亡くなった2日後に『笑わず嫌い王決定戦』にて久しぶりに漫才を披露し、それが師匠セントのネタを盗んだものであることを語った。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 漫才協会による会員紹介 セントとルイスの写真が誤って紹介されている。

関連項目[編集]