日世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日世株式会社
NISSEI Co.,Ltd.
Nissei2.JPG
日世株式会社 本社
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
567-0042
大阪府茨木市宇野辺1丁目1番47号
設立 1947年5月20日
業種 食料品
法人番号 5120901013439
事業内容 ソフトクリームの関連資材(コーンカップ・ミックス・機械類)の製造販売、乳製品(ホイップクリーム、コーヒーフレッシュ)の製造販売
代表者 代表取締役社長 岡山宏
資本金 4億8192万円
純利益 29億2946万1000円(2018年12月31日時点)[1]
純資産 263億6917万6000円(2018年12月31日時点)[1]
総資産 462億9608万4000円(2018年12月31日時点)[1]
従業員数 700名
外部リンク http://www.nissei-com.co.jp/
テンプレートを表示
日世株式会社 本社(大阪府茨木市

日世株式会社(にっせい、英称:NISSEI Co.,Ltd.)は、大阪府茨木市に本社を置くソフトクリームミックスやアイスクリーム・コーンなどソフトクリームに関連する製品や機械などの製造販売をおこなう企業である。

会社概要[編集]

ソフトクリームミックスを中心に、アイスクリームコーンやトッピング用のフルーツソースなどの食品や、ソフトクリームサーバーなどの機械の製造・販売を主とする。ソフトクリームに関連するソフトクリームミックス・コーン商材及びフリーザー等の什器販売の総合メーカーであり、国内トップシェアを誇るガリバー企業である。また、大手製菓業・アイスクリームメーカー・ファーストフーズ及びコンビニエンスストア等へのOEM商品の供給も手掛ける。そのほか直営店として、大阪・阪急三番街と東京・渋谷に「シルクレーム」[2]を経営している。キッザニア東京キッザニア甲子園のオフィシャルスポンサー企業でもある。

事業所[編集]

沿革[編集]

  • 1947年昭和22年)5月 - 株式会社二世商会設立
  • 1948年(昭和23年)7月 - 東京出張所(現・東京支店)開設
  • 1951年(昭和26年)7月 - ソフトクリームを初めて日本に紹介
  • 1952年(昭和27年)4月 - 日世株式会社に社名変更
  • 1953年(昭和28年)3月 - 大阪工場開設(大阪市天王寺区)
  • 1962年(昭和37年)5月 - 大阪工場移設(大阪府茨木市)
  • 1972年(昭和47年)6月 - 「日世メリーランドカップ株式会社」設立
  • 1975年(昭和50年)10月 - 札幌駐在所(現・札幌営業所)開設
  • 1976年(昭和51年)4月 - CIS発足“ソフトコミュニケーションで世界を結ぶ日世”
  • 1977年(昭和52年)1月 - 東京工場移設(神奈川県綾瀬市)
  • 1979年(昭和54年)4月 - ポーションパックタイプのコーヒーフレッシュ発売
  • 1983年(昭和58年)3月 - 甲府工場(現・南アルプス工場)開設(山梨県南アルプス市)
  • 1985年(昭和60年)8月 - スヌーピー商標権取得
  • 1987年(昭和62年)3月 - 枚方工場開設(大阪府枚方市)
  • 1999年平成11年)2月 - びわ湖工場竣工(滋賀県犬上郡多賀町)
  • 2000年(平成12年)3月 - 日世東京ビル竣工(東京都品川区)
  • 2011年(平成23年)10月 - 南アルプス工場開設(山梨県南アルプス市)、甲府工場を南アルプス工場に統合
  • 2012年(平成24年)5月 - 南アルプス工場竣工(山梨県南アルプス市)
  • 2013年(平成25年)4月 - 南アルプス市櫛形総合公園陸上競技場命名権を取得し、「日世 南アルプススタジアム」と命名
  • 2015年(平成27年)7月 - 東松山工場竣工(埼玉県東松山市)
  • 2017年(平成29年)3月 - 東松山工場へ業務移転のため、枚方工場工場閉鎖(大阪府枚方市)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 日世株式会社 第72期決算公告
  2. ^ 当初は「ソフトクリームランド・スウェーデン」(店名の「スウェーデン」は、技術提携していた米国の冷機メーカー・スウェーデン社にちなむ)の名称でオープンしたが、東京店は2010年3月、大阪店は2019年3月にリニューアルされ現名称になった。

外部リンク[編集]