日々の泡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日々の泡
L'Écume des jours
作者 ボリス・ヴィアン
フランスの旗 フランス
言語 フランス語
ジャンル 青春小説恋愛小説幻想小説
刊行 1947年
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

日々の泡』(ひびのあわ、L'Écume des jours)は、フランスの作家ボリス・ヴィアンによる1947年小説。『うたかたの日々』の日本語題もある。パリに暮らす若者たちを描いた青春小説だが、現実にはありえない幻想的な出来事が頻発したり、SF的なアイテムが登場するなど、奔放なイマジネーションによって彩られた独特のリアリズムで描かれている。

あらすじ[編集]

パリに暮らす22歳の青年コランは、財産を持っているため働くことなく日々を気ままに過ごしている。彼は友人のシックを夕食に誘い、コックのニコラに食事を作らせ、奏でる音によって異なるカクテルを作るカクテルピアノの演奏を聴かせる。

ある日、コランはニコラの恋人であるイジスの家で開かれるパーティに行き、そこでデューク・エリントン編曲で有名な曲と同じ名前を持つ、クロエという女の子と出会う。二人はたちまち恋に落ち、結婚する。

しかし結婚式の後、旅行から帰ってきたクロエが、肺の中に睡蓮の蕾ができる病気にかかってしまう。クロエを助けるために、医者に言われたとおり彼女の周りに花を絶やさないコランだったが、やがて金銭的に行き詰まり、仕事を探すようになる。しかしクロエは衰弱し、遂に死んでしまう。

登場人物[編集]

  • コラン:裕福な青年。家にいるハツカネズミと意思疎通ができる。
  • クロエ:コランの恋人。肺の中に睡蓮ができる奇病にかかる。
  • シック:コランの友人。工場でエンジニアとして働いている。ジャン=ソオル・パルトル(ジャン=ポール・サルトルのパロディ)という作家に心酔しており、彼の著作や身につけていたものは何でも購入してしまう。
  • アリーズ:シックの恋人。ニコラの姪。パルトルが好きという共通点からシックと知り合った。
  • ニコラ:コランの料理人。
  • イジス:ニコラの恋人。

日本語訳[編集]

他メディア化作品[編集]

映画[編集]

うたかたの日々』(L'Écume des Jours, 1968年, フランス)
1968年のフランス映画。監督はシャルル・ベルモン。出演はコラン役にジャック・ペラン、クロエ役にアニー・ビュロン。
クロエ』(2001年, 日本)
2001年の日本映画。監督は利重剛。出演はコランにあたる高太郎役に永瀬正敏、クロエ役にともさかりえ。撮影は篠田昇第51回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門に選ばれた。
ムード・インディゴ うたかたの日々』(L'Écume des jours, 2013年, フランス)
2013年のフランス映画。監督はミシェル・ゴンドリー。出演はコラン役にロマン・デュリス、クロエ役にオドレイ・トトゥ

その他[編集]

オペラ『L'Écume des Jours』(Пена дней, 1981年)
作曲はロシアエディソン・デニソフ
音楽『うたかたの日々』(L'Écume des Jours d'Apres Boris Vian, 1979年)
フランスのロック・バンド メモリアンスが音楽化したLPレコード。日本でも当時に発売されている。
漫画『うたかたの日々』(2003年)
日本の漫画家・岡崎京子による漫画化作品。岡崎の休業前にファッション雑誌『CUTiE』に連載された。