愛花ちさき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
あいはな ちさき
愛花 ちさき
生年月日 5月15日
出身地 日本の旗 日本 東京都練馬区
身長 163cm
職業 女優
ジャンル 舞台
活動期間 2003年 -
活動内容 2003年:宝塚歌劇団入団、宙組配属
2014年:宝塚歌劇団退団、芸能活動再開
著名な家族 夏夕介(父)
伊藤めぐみ(母)
主な作品
宝塚歌劇
銀河英雄伝説@TAKARAZUKA
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

愛花 ちさき(あいはな ちさき、5月15日[1] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団宙組の娘役[2][3][1]

東京都練馬区[1]私立星美学園中学校出身[1]。身長163cm[1]。愛称は「たら」、「ゆかこ」[4]

来歴[編集]

2001年、宝塚音楽学校入学。

2003年、宝塚歌劇団に89期生として入団。入団時の成績は32番[5]月組公演「花の宝塚風土記シニョール ドン・ファン」で初舞台[1][2]。その後、宙組に配属。

2008年の「Paradise Prince」で新人公演初ヒロイン[6][1][2]。入団6年目での抜擢となった[1]

2009年、大和悠河陽月華トップコンビ退団公演となる「薔薇に降る雨」で、2度目の新人公演ヒロイン[6]

2014年7月27日、「ベルサイユのばら」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[2]

人物[編集]

父は俳優の夏夕介[1]、母は元女優の伊藤めぐみである[3]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

宙組時代[編集]

  • 2003年10 - 2004年2月、『白昼の稲妻』『テンプテーション!
  • 2004年5 - 8月、『ファントム』 - 新人公演:団員女
  • 2004年10 - 11月、『風と共に去りぬ』(全国ツアー) - 令嬢
  • 2005年1 - 4月、『ホテル ステラマリス』『レヴュー伝説』
  • 2005年6月、『Le Petit Jardin(ル プティ ジャルダン)』(バウホール) - リナ
  • 2005年8 - 11月、『炎にくちづけを』『ネオ・ヴォヤージュ』
  • 2006年3 - 7月、『NEVER SAY GOODBYE
  • 2006年8月、『コパカバーナ』(博多座
  • 2006年11 - 2007年2月、『維新回天・竜馬伝!』『ザ・クラシック』
  • 2007年4月、『NEVER SLEEP』(バウホール・日本青年館) - アデリン・コクラン
  • 2007年6 - 7月、『バレンシアの熱い花』 - 新人公演:夫人(本役:鮎瀬美都)『宙 FANTASISTA!』(宝塚大劇場)
  • 2007年8 - 9月、『バレンシアの熱い花』 - 新人公演:夫人(本役:鮎瀬美都)『宙 FANTASISTA!!』(東京宝塚劇場
  • 2007年11月、『THE SECOND LIFE』(バウホール) - ニーナ
  • 2008年2 - 5月、『黎明(れいめい)の風』 - 新人公演:吉田和子(本役:藤咲えり)『Passion 愛の旅』
  • 2008年7月、『雨に唄えば』(梅田芸術劇場) - メイク係
  • 2008年9 - 12月、『Paradise Prince(パラダイス プリンス)』 - メグ、新人公演:キャサリン・ホワイト(本役:陽月華)『ダンシング・フォー・ユー』 新人公演初ヒロイン[6][2][1]
  • 2009年2月、『外伝 ベルサイユのばら-アンドレ編-』 - メリー『ダンシング・フォー・ユー』(中日劇場
  • 2009年4 - 7月、『薔薇に降る雨』 - アガサ・ボヌー、新人公演:イヴェット(本役:陽月華)『Amour それは…新人公演ヒロイン[6]
  • 2009年8月、『大江山花伝』 - 花園衛門/萱野『Apasionado(アパショナード)!!II』(博多座)
  • 2009年11 - 2010年2月、『カサブランカ』 - ピア、新人公演:イヴォンヌ(本役:純矢ちとせ[3]
  • 2010年3 - 4月、『シャングリラ-水之城-』(ドラマシティ・日本青年館) - 飛燕
  • 2010年5 - 8月、『TRAFALGAR(トラファルガー)』 - カロリーヌ『ファンキー・サンシャイン』
  • 2010年9月、『銀ちゃんの恋』(全国ツアー) - 女秘書
  • 2010年11 - 2011年1月、『誰がために鐘は鳴る』 - ドロレス
  • 2011年3月、『記者と皇帝』(日本青年館・バウホール) - クリスティ・オニール
  • 2011年5 - 8月、『美しき生涯』 - 平野長泰の妻『ルナロッサ』
  • 2011年10 - 12月、『クラシコ・イタリアーノ』 - エリザベス・ブライトン(リズ)『NICE GUY!!』
  • 2012年1 - 2月、『ロバート・キャパ 魂の記録』(バウホール・日本青年館) - マリー=テレーズ・ワルテル
  • 2012年4 - 7月、『華やかなりし日々』 - キャサリン・ラッセル『クライマックス』
  • 2012年8 - 11月、『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』 - アンネローゼ・フォン・グリューネワルト
  • 2013年1月、『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』(博多座) - アンネローゼ・フォン・グリューネワルト
  • 2013年3 - 6月、『モンテ・クリスト伯』 - エルミーヌ『Amour de 99!!-99年の愛-』
  • 2013年7 - 8月、『the WILD Meets the WILD』(バウホール) - マティルダ・ヒューイット(マティ)
  • 2013年9 - 12月、『風と共に去りぬ』 - 令嬢
  • 2014年2月、『ロバート・キャパ 魂の記録』 - マリー=テレーズ・ワルテル『シトラスの風II』(中日劇場)
  • 2014年5 - 7月、『ベルサイユのばら-オスカル編-』 - イザベル 退団公演[2]

出演イベント[編集]

  • 2006年9月、貴城けいコンサート『I have a dream』
  • 2007年2 - 3月、轟悠ディナーショー『Yū's Purple Shadow』
  • 2009年12月、タカラヅカスペシャル2009『WAY TO GLORY』
  • 2010年12月、タカラヅカスペシャル2010『FOREVER TAKARAZUKA』
  • 2012年12月、タカラヅカスペシャル2012『ザ・スターズ!〜プレ・プレ・センテニアル〜』

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 究極のポジティブ人間/愛花ちさき プレシャス!宝塚。
  2. ^ a b c d e f Memories of 愛花ちさき タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  3. ^ a b c 夏夕介さん通夜に400人…長女・愛花ちさき舞台後に駆けつける 日テレNEWS。
  4. ^ 『宝塚おとめ 2014年度版』 阪急コミュニケーションズ、2014年、135頁。ISBN 978-4-484-14522-8
  5. ^ 100年史(人物), p. 115.
  6. ^ a b c d 100年史(舞台), p. 317.

参考文献[編集]

  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3 
  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0 

外部リンク[編集]