愚中周及

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

愚中周及(ぐちゅうしゅうきゅう、元亨3年(1323年) - 応永16年8月25日1409年10月4日))は、南北朝時代臨済宗の僧。美濃国の出身。愚中は道号。周及は諡号は仏徳大通禅師。

愚中は7歳で寺に入り、13歳で京都臨川寺夢窓疎石に師事して出家した。その後春屋妙葩に学ぶ。比叡山においてを受け、京都建仁寺を経て、1343年康永2年)天龍寺船で中国に渡った。1351年観応2年)に帰国した後、京都南禅寺丹波国天寧寺などを経て、1395年応永2年)小早川春平の開基により、安芸国佛通寺の開山となった。その後、将軍足利義持に請われて上洛し、1409年(応永16年)に紫衣を下賜された。同年、天寧寺にて死去。