御所野縄文公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
御所野縄文公園
御所野遺跡竪穴式住居.JPG
公園内に復元整備された竪穴式住居
分類 公の施設[1]
所在地
岩手県一戸町岩舘字御所野
運営者 一戸町教育委員会
アクセス
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

御所野縄文公園(ごしょのじょうもんこうえん)は、岩手県二戸郡一戸町にある史跡公園である。縄文時代の集落跡として知られる御所野遺跡を整備して作られ、2002年平成14年)にオープンした。

概要[編集]

御所野遺跡発掘調査成果を元に土屋根住居掘立柱建物柱列を復原し、配石遺構盛土遺構の露出展示により縄文時代の風景を蘇らせている。三方を川に囲まれ、残りの一方は山に面した台地上にあり、居住地から隔てられていることにより自然溢れる空間を演出している。公園内には縄文時代の植生を考慮した植物が植栽されている。 2014年には、文化財関連施設としては初めてプロジェクションマッピングを取り入れた展示内容に改装された。

御所野縄文博物館[編集]

公園内には、御所野縄文博物館が併設されている。館内には御所野遺跡から出土した遺物を展示しているほか、町内の文化財を紹介する郷土資料コーナー、体験工房、ミュージアムショップなどが設置されている。仙田満+環境デザイン研究所の設計であり、日本建築学会東北支部から2003年度の東北建築賞作品賞を受賞している[2]

展示[編集]

第1展示「土屋根住居の発見」
1996年(平成8年)度調査で出土した焼失住居から土屋根住居を復元するまでを映像で紹介。
第2展示「御所野縄文ワールド」
150インチの大スクリーンに映し出される映像により御所野遺跡の生活を紹介。
第3展示「火とまつり」
一戸町内で発掘された縄文時代晩期の遺跡「蒔前遺跡」、「山井遺跡」の出土品を展示。

展示室入場料[編集]

  • 一般 300円
  • 高校生・大学生 200円
  • 小学生・中学生 150円
  • 20名以上の団体は一人50円割引

体験工房[編集]

体験工房では様々な縄文体験を行うことができる。

  • 土器づくり 野焼き 1kg:800円 500g:400円  窯焼き 1kg:1,200円 500g:800円
  • 勾玉づくり 400円
  • お守りづくり(岩板) 300円
  • つる編み 1500円(要予約)
  • 樹皮編み 800円
  • 組みひもづくり 250円

郷土資料コーナー[編集]

一戸町内の文化財を紹介している。一戸城出土の焼き印「雀紋印の馬印」や糠部三十三観音巡礼の「巡礼納札」などの資料が展示してある。映像による紹介もあり。

きききのつり橋[編集]

駐車場と公園を結ぶ木製歩道橋で、2000年(平成12年)5月に完成した世界初の吊り橋式の歩道橋でもある[3]。橋の長さは86.5メートル、谷底から橋の床の高さは最高部で14.1メートルある[3]。高さ25.5メートルの鋼製の支柱からワイヤーで吊られており、通路部は木製の屋根がつき、カーブを描く世界的にも珍しい吊り橋である[3]。名の由来は、「材」と、「抜」と、「び」の三つの頭文字の「き」から採られたものである[3]。御所野遺跡は縄文時代中期の集落跡であることから、橋のデザインは、時空を超えて縄文時代の別世界へと誘うイメージを表現したものとなっている[3]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、冬期間は運休[要出典]
  2. ^ タクシー利用者には助成金あり(タクシーの領収書を受付に渡すことで受けられる)[要出典]

出典[編集]

  1. ^ 御所野縄文公園条例
  2. ^ 東北建築賞 作品賞部門 受賞作品一覧”. 日本建築学会東北支部. 2019年3月3日閲覧。
  3. ^ a b c d e ロム・インターナショナル(編)『道路地図 びっくり!博学知識』河出書房新社〈KAWADE夢文庫〉、2005年2月1日、79-81頁。ISBN 4-309-49566-4

座標: 北緯40度11分52.2秒 東経141度18分22.1秒 / 北緯40.197833度 東経141.306139度 / 40.197833; 141.306139