廣村正彰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

廣村 正彰(ひろむら まさあき、1954年8月6日[1] - )は、日本グラフィックデザイナー愛知県出身。

田中一光デザイン室を経て、1988年に廣村デザイン事務所を設立。日本デザイナー協会新人賞、N.Y.ADC 9th International Annual Exhibition銀賞受賞、2008年 KU/KAN賞受賞、2009年 毎日デザイン賞受賞など受賞多数。サインデザインを数多く手がけている。東京工芸大学芸術学部教授、特種東海ホールディングス AD顧問。

主な仕事[編集]

著作[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 東京2020オリンピックピクトグラムの発表について 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2019年3月12日

外部リンク[編集]