亀老山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
亀老山
Mt.Kirosan.jpg
来島海峡から望む亀老山
標高 307 m
所在地 愛媛県今治市
位置 北緯34度07分13秒
東経133度02分01秒
山系 大島
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

亀老山(きろうさん、きろうざん)とは、瀬戸内海のほぼ中部の大島の南部にある山。別名 大亀山(おおきやま)、隅ヶ岳。標高307m。行政区画は愛媛県今治市吉海町。

山頂には、景観にも配慮した展望台が設置されており、ここからは西及び北に来島海峡芸予諸島の島々、東に燧灘、また南に今治港・今治市街を望むことができる。従来は山頂までの道路は幅員も狭かったが、1999年の瀬戸内しまなみ海道開通を控えた観光地整備により、道路が改良され、また山頂近くには駐車場も設置されるなど、アクセスは改善され、訪れる人も増えている。瀬戸内海国立公園の区域に含まれる。特に、来島海峡を眼下に望む瀬戸内の夕日の眺望は、観光PR写真等によく用いられる。

北と西には小集落が形成されているが、南と東は来島海峡に接した海岸が続いている。山の各所から弥生式土器が出土しており、古代より海上交通の要衝であったことが窺える。中腹には鎌倉時代後期の様式の宝篋印塔があり、村上義弘の墓と伝えられる。