村上義弘 (武将)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

村上 義弘(むらかみ よしひろ、生年不詳 - 1374年?[1])は、日本の南北朝時代武将

能島村上水軍の祖という説もある[2]伊予(現在の愛媛県)の新居大島を本拠とし、海賊大将とよばれた。元弘の乱では瀬戸内海で北条時直の水軍を破り、その後も南朝方として活躍したという[3]。その後本拠を伊予大島に移した。能島は伊予大島と伯方島の間にある。

また、古式泳法の「海賊流」を創設し、後に「能島流」として名井氏多田氏に伝わったといわれている[4]

高龍寺愛媛県今治市吉海町:伊予大島)は、義弘の菩提寺である[2]

脚注[編集]

  1. ^ ドライブガイド | 四国西部ドライブ(1) - ニッポンレンタカー
  2. ^ a b 大島 - 広島県観光ホームページ
  3. ^ 村上義弘 とは - コトバンク(デジタル版 日本人名大辞典+Plus)
  4. ^ 能島流 とは - コトバンク(世界大百科事典【水泳】)

関連書籍[編集]

  • 小説「征西府秘帖―村上義弘と南海水軍王国」(学習研究社、1995、森本繁)

関連項目[編集]